海外旅行の貴重品管理に困ったら、この2つの方法がお勧めです

th_girls-914823_1280

海外旅行に行くと、悩むのが貴重品管理だと思います。

みなさんは海外旅行に行く時にはどのような貴重品の持ち方をしていますか?

今回は、貴重品管理を管理するうえで気をつけたい事、最適な持ち方等、どうやったら盗難のリスクを減らす事が出来るのかを紹介したいと思います。

日本人は日本が平和のせいか、危機管理能力が低いと言われています。

th_dogue-de-bordeaux-1047522_1280

よくテレビ等でも言われていますが、言葉が悪いですが『平和ボケ』というやつです。

日本で普通に生活していればトラブルにはまず遭遇しませんし、ニュースでよく目にするひったくり等の事件もどこか他人事のように見ているのではないでしょうか?

海外では国にもよりますが、スリや置き引きなどの軽犯罪は日常茶飯事です。

特にこの手の事件で多いのが、、本人は気をつけていたつもりが、ちょっとした気の緩みから盗られてしまうケースが多いんです。

これはバックパッカーの長期旅行者、団体ツアー旅行者共に、観光して疲れている時や写真を撮る事に夢中になっている時、食事をしている時などが当てはまります。

日本の生活に慣れている人でも、海外旅行に行けば気をつけている筈なんですが、スリのプロ達はさらにその上を行くので、窃盗の手口も日々巧妙になっています。

では、盗まれない為にはどうやって管理すればいいのでしょうか。

貴重品ポーチ、ベルトが一番安全か?

スクリーンショット 2016-01-21 12.17.14

スクリーンショット 2016-01-21 12.16.57

首からぶら下げるポーチタイプや腰に巻くベルトタイプと色々ありますが、バックパッカーで一番多いのが、昔から王道のこの手の貴重品ポーチです。

海外で出会った旅行者の約5割はこのポーチを使っていました。

日本人だけではなく、欧米人旅行者もこのタイプで貴重品を管理している人が多かったです。

昔は安っぽい物しかなかったのですが、最近はクオリティーが上がってきており、最近ではクレジットカード等がスキミングされないように電波が遮断される素材で作られている物も出てきています。

気になる方は『貴重品 ポーチ スキミング』で検索してみて下さい。

貴重品ポーチのメリット

町歩きやバスの車内等、人混みが多い場所で威力を発揮してくれます。

これをつけていれば、余程の事がないかぎり貴重品は盗られません。

写真を撮っている時や食事をとっている時は両手が塞がりますが、そんな時も安心して使う事ができます。

使ってみないとわからないデメリット

物の出し入れに時間がかかる

貴重品ポーチを使うと痛感しますが、この手のポーチは物が出しにくいんです。

服の中に忍ばせてあるので、いちいち服から出さないといけないのと、パスポートやクレジットカード、お金等、色々と詰め込んでいる中から取り出さないといけないので、いざ店先でお金を払う時に時間を喰ってしまいます。

汗まみれになり、臭くなる、汚れる

短期の旅行ではあまり気にならないと思いますが、一ヶ月、半年とたってくると尋常ではない匂いになります。

こまめに洗濯する人も多いのですが、ボロボロになってきます。

強盗にあった時には根こそぎ持って行かれる

プロの泥棒は観光客が貴重品ポーチを身に付けている事を熟知しているので、ポケットの中身を全部出したとしても『その服の中に隠している物を出せ』と言われるケースがよくあります。

ポーチで管理している人は貴重品をすべて入れている人が多いので、強盗にあった時は全部盗られてしまいます。

リュックサックは体の前で背負ってリスクを減らす

海外ではリュックサックを前で背負っている人をよく見かけます。

このスタイルは旅行者に特に目立ちますが、地元の人でも前で背負っているので日頃から盗難の事を意識して生活しているんでしょうね。

あまり日本では見かけない光景なので、とても驚きました。

街中で地元の人が前で背負っているのを見かけたら治安が少し悪いのかな?という判断材料にするのも有りだと思います

背中で背負うのは盗んで下さいと言っている様なもの

旅行者で一番被害にあうのがこのスタイルです。

背中は余程意識を集中していないと、チャックを開けられたとしても気付きません。

特に電車やバス等の人混みが多い場所では狙われ易いので注意が必要です。

ショルダーバックは危険です

bag

女性で多いのがこのスタイルだと思います。

このスタイルで持つと、写真を撮る時等に無防備になりやすいのと、バックの位置がかなり下にあるので、歩いている時にバックの事をあまり意識しなくなってしまいます。

どうしてもショルダーバックがいいという方は、斜めがけにし、ベルトの長さが調節できるのであれば、出来るだけ短めにすると、スリやひったくりに合うリスクが減ります。

絶対にこれだけはやめた方がいい貴重品の持ち方

th_wallet-1013789_1280

こんな持ち方の人なんていないでしょ?と思う方が大半だと思いますが、意外と多いんです。

日本で生活していても、電車の車内等で取られやすいこの持ち方は、泥棒にとっては格好の餌食になります。

せめて、お尻のポケットではなくサイドポケットにした方が盗難のリスクは減らせると思います。

一番いいのは貴重品は極力持ち歩かない事

boy.travel.

こんな事を言うと元も子もないのですが、これが一番盗難のリスクを減らす事ができます。

中級クラス以上のホテルではセキュリティBOXがあるので、そこにパスポート等の貴重品を入れておき、観光をする時はカメラと最低限のお金とパスポートのコピーを持って行けばいいと思います。

クレジットカードは使いそうだなと判断した時にだけ持って行った方が無難です。

バックパッカーが利用する安宿ではどうするか?

相部屋(ドミトリータイプ)などでは、ロッカーあればロッカーを使用してください。

lockers

忘れずに各自用意した南京錠等の鍵で閉めていれば余程の事がない限り大丈夫です。

ロッカーが無い場合は判断が難しいところですが、自分は宿泊する宿のクオリティやスタッフの質、他に宿泊しているお客の雰囲気で決めます。

つまり、その街の治安で貴重品を持って歩くリスクと、安宿に預けるリスクとを天秤にかけて判断しています。

旅序盤はこの判断は難しいかったのですが、慣れてくると段々とわかってくるので『この街はちょっと危なそうだからパスポートは置いて行こうかな』という判断ができるようになりました。

自分はこの持ち方でトラブルにあった事はありません

肩からかけてもいいように設計されているグレゴリーのウエストポーチを使っていました。

写真では背中に回していますが、自分は前面で持ち、常に意識が出来る様に心がけていました。

このバックに一眼レフとパスポート、クレジットカード等が入った財布を盗まれない様にカラビナと付けていました。

本当ならバックにも鍵を付けるべきですが、いちいち外すのが面倒だったので、そこまではしていません。

街の治安が悪そうな時と、安宿が信頼できる時はこのバックにカメラだけを入れて、小額のお金はクレジットカードが入っている財布とは別に小物入れを用意してズボンのポケットに入れて行動していました。

運がよかっただけかもしれませんが、4年間の旅行では何一つトラブルはありませんでしたよ。

まとめ

せっかくの海外旅行なので、各自が持ち易く快適な物を持って行けたら最高なんですけど、なるべく盗難のリスクが減るような物を持って行くのが懸命だと思います。

盗まれる時は運要素も絡んできます、どんなに気をつけていても盗まれるものです。

100%盗難を防げる方法はありません、ただリスクは意識しだいで減らす事は可能なので、どれだけ減らせるかという意識で貴重品入れを選んで見てくださいね。

個人的には『貴重品ポーチかベルトを使い、治安が悪そうな場所では使う物だけ持って行く』この2つを徹底すれば、盗難にあう確率は減ると思います。

やはりバックパッカーに人気があるという点だけ見ても、ポーチとベルトの信頼性は高いのではないでしょうか。

ただ、先程も書きましたが、長い期間付けていると、ビックリするぐらい悪臭を放つので覚悟してくださいね(笑)

ではでは・・・

スポンサーリンク
スポンサー
スポンサー

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です