フラッシュパッカーという言葉を聞いた事がありますか?

th_money-1012598_1280

前回の記事で『バックパッカーとは』という記事を書いたのですが、調べているうちにフラッシュパッカーという言葉に出会いました。

全く聞いた事がない言葉だったので少しまとめてみます。

フラッシュパッカーとは

色々と諸説がありますが、簡単に言うと『裕福なバックパッカー』という意味です。

バックパッカーよりもお金をかけ、現地のツアーにも積極的に参加し、ドミトリータイプ
(相部屋)ではなく、中級クラスの宿に泊まるスタイルになります。

また、『光るものを携帯しながら旅をする』という意味もあります。

スマートフォンやノートパソコンなどを持って旅をする旅人が当てはまります。

情報収集や旅先で出会った友達とのコミュニケーションにスマートフォンやノートパソコンなどを積極的に使用するなんて、昔では考えられないスタイルです。

欧米の記事によると、

『バックパッカー』は時間があり資金が少ない学生に多く、
『フラッシュパッカー』は時間が無く、資金がある20代後半から30代前半に多いと書かれています。

現代のバックパッカーはフラッシュパッカーなのか?

th_man-918983_1280上記の定義でフラッシュパッカーと位置づけるのであれば現代のバックパッカーは90%以上がフラッシュパッカーです。

ノートパソコンを持っている人は約60%ぐらいですが、スマートフォンの所持率は間違いなく約90%はあります。

自分は4年間かけて世界一周しましたが、スマートフォンやノートパソコンのどちらも持っていない旅人は1人しか会いませんでした。

フラッシュパッカーという言葉が生まれた背景はやはりスマートフォン等の媒体を持ちながら旅をするというスタイルが流行っているからだと思います。

具体的にこの媒体を持つ事によって生まれるメリット、デメリットを考えてみます。

メリット

暇つぶし

th_woman-hand-apple-iphone使い方は個人差がありますが、共通して言えるのは、暇潰しが出来るという事です。

海外では長距離バスの移動時間が10時間を越える事が多いので、車内で暇になる事が多いのですが、スマートフォンがある場合、色々と暇つぶしに使えます。

スマートフォンに漫画や小説等のPDFファイルを入れて読んでいる人もいれば、音楽や語学学習に時間を使っている人もいます。

せっかく海外に来ているのに、景色を楽しめばいいのでは?という声が聞こえて来そうですが、いくら絶景の中をバスで走っていても、必ず飽きます、人間とはそういう生き物です。

かりに景色を楽しめる日中ならまだいいかもしれませんが、夜通し走る事が多々あるので、外が真っ暗だと何も見えませんからね。

地図代わりになる

th_hands-600497_1280

旅人が持っているガイドブックは『地球の歩き方』や『ロンリープラネット』が有名ですが、載っている地図はその国全体の地図や、有名な町のほんの一部の地図しかカバーされていません。

マイナーの田舎町などの地図などは載っていないので、このガイドブックに頼りすぎていると、自分が本当に行きたい場所を諦めたりする事もあります。

旅慣れている人なら地図がなくても現地の人に尋ねて目的地まで辿り着けますが、初心者だと色々と不安に陥りますからね。

その点、スマートフォンなどのアプリを使えば世界中の地図を網羅しているので、安心です。

しかも、アナログの地図と違って現在地が表示されているというのが最大のメリットです。

地図を見てだいたいこの辺りにいるんだな、と確認はとれますが、目的地まで行くのに迷ったりする事が多いので、GPS機能がついたアプリなら然程迷わずに辿り着きます。

翻訳が出来る

th_board-1072566_1280現地の語学に不安がある人でも翻訳アプリを使えば日本語に翻訳できるので、言いたい事を伝えるのに便利です。

ただ、文章を丸ごと丁寧に翻訳できるアプリは今のところないので、単語を翻訳する程度で使うのが理想です。

ブログが書ける

旅の記録としてブログを書く事ができるので、貴重な思い出にできます。

手書きで書いてる人も多いですが、一度インターネット上にアップしてしまえば、もしも荷物を盗難させた場合でも安心して読み返す事ができます。

普段ブログを書かない人も旅先からブログを始める人が多いです、自分もそのうちの1人です。

SNSなどで連絡がまめに取れる

スマートフォン等を持っている最大のメリットがこれです。

近況報告ができるので、親族、友人などに近況を報告できます。

海外でインターネットカフェなどでも報告はできますが、日本からの緊急な連絡の場合、媒体を持っている方が、すぐにwi-fiに繋げれるので、早めに気付けるのが大きいですね

デメリット

なにかと便利なスマートフォンやノートパソコンですが、デメリットももちろんあります

充電がないと何もできない

当たり前ですが、常に充電に気を使う事になります。

特に長距離の移動中や、長時間乗り物等を待っている時に無くなり安いので、バッテリーが充電できるポータブル充電器を持っている方もいます。当然、荷物は重たくなりますけどね。

盗難に会いやすい

th_stature-935643_1280街中で地図を見ている時に特に気をつけないといけないのが盗難です

日本人は特にiPhoneの所持率が高いのですが、iPhoneは大変高額な物なので、当然狙われやすいんです

旅に慣れている人ならその都度、必要に迫られた時にしかスマートフォンを出しませんが、慣れていない人はスマートフォンと常に睨めっこしながら歩いている場合が多いので、大変危険です

ただでさえ、異国の地で外国人が大きいバックを持って歩いていて目立っているのに、スマートフォンを見ながらキョロキョロしていたら、格好の餌食になってしまいます

便利だからと行ってあまり鞄から出さない方が無難です

引きこもりになってしまう

th_kitty-491013_1280『引きこもり』と書くと大袈裟かも知れませんが、移動続きで疲れたりした場合、部屋でゴロゴロする事があると思いますが、ついつい映画や漫画などを見てしまいダラダラと部屋の中にいてしまいます。

期間が決まっている旅人なら大丈夫だと思いますが、期間を決めずに旅をすると、ついついだらけてしまうものです。

現地の人達とのコミュニケーションが減る

スマートフォンを使いこなして行くうちに、なんでも自分で解決できてしまうので、コミュニケーションが減ります

誰にも道を聞かずに目的地まで辿り着き、バスの中でもスマートフォントで音楽を聞いて漫画を読む、外に出ても自分の殻の中で生きてしまいます(大袈裟ですけどね)

まとめ

フラッシュパッカーという言葉自体は聞こえはいいんですが、特に意識せずに自分にあった旅をするのが一番です(当たり前ですけどね)

誰がなんと言おうが、自分が作り出した時間とお金です。

海外に来てからストレスがたまるなんてもったいないですからね

自分は旅当初はiPhoneしか持っておらず、写真のバックアップが取れずに、iPhoneの容量が一杯になったので、仕方がなくオーストラリアでノートパソコンを買ったのですが、間違いなく買ってよかったと思います。

ノートパソコンがなければここまでブログを書けなかったと思います。

まぁ、なければないで、なんとかなるんでしょうが、一度快適さを覚えてしまうと、ついついあまえてしまいますね。

ちなみに、上記でかいた引きこもりの件は・・・自分の事です(笑)

みなさん、くれぐれも漫画や映画に気をつけてくださいね。

ではでは・・・

スポンサーリンク
スポンサー
スポンサー

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です