アフリカ、レソトで人生初のポニートレッキングに挑戦!

blog_import_56559d126160a

今回の記事も前回同様レソト編になります

レソトの場所はこちら

 

レソトの国情報は以前の記事をご覧ください

ジブリ映画『ラピュタ』のシータの故郷は実在した!?『天空の王国』レソトを紹介します

セモンコからマレマレアに向かいます

 
セモンコから直通はないので、ドライバーにマレマレアに向いたい旨を伝えておけばスムーズに乗り換えができると思います

レソト人は親切な方が多いので乗客も教えてくれると思います

マレマレアは本当に小さな村なので宿も『マレマレアロッジ』しかありません

値段はツインルームで1人約2000円でした

設備はかなり充実していてこの宿の敷地内で暮らしていけるほどです

BAR ありレストランあり、カフェあり、BBQスペースありと旅人にはたまらない宿なんですが・・・・wifiがありません

ではマレマレアの写真を載せていきますね

 

 

こんな車を乗り継いで来ました

マレマレアロッジの前が乗り場なので、降りる時も乗る時も便利です

恒例の車のナンバー

車のナンバーはユーロ圏などの先進国だと変化があまりないんですが、発展途上国ほど可愛いナンバーが多い気がします

そのうちナンバー特集でもしたいと思っています

 

マレマレアロッジの看板

 

 

 

 

 

マレマレアはポニートレッキングが有名ということでガクちゃんと参加する事にしました

ツアーは3つから選べます

・4時間コース 滝を見に行く

・2時間コース 壁画を見に行く

・泊まりコース かなり遠くへ行く

こんな感じで別れているんですが、自分達は4時間コースにしました

2時間コースでもよかったんですけど、壁画にあまり興味がなくてね

では出発

ポニーって意外とでかいんです

ロバぐらいだと勘違いしてました

 

 

 

 

 

のんびりしてて良い感じです

 

 

 

 

ここまでの写真は宿の近くで撮ってたんですが、このポニートレッキングは岩場も攻めるので、とてもカメラを構える状況ではなくて1枚も撮っていません

景色は最高だったんですけど、乗りながら撮るのは相当上手い人じゃないと危険だと思います

コンデジとかならいけるかもしれないですけどね

という事で、途中は飛ばして滝に到着です

なぜか弾き語りのお兄さんがいました(笑)

観光客のチップが目的だと思います

 これがメインの滝です

えぇ・・・ビックリするぐらい小さかったんです(笑)

滝はおまけみたいなもんなんでしょう、メインはポニートレッキングですからね

・・・といい聞かせて、もと来た道を戻ります

正直なところ、帰り道は苦痛でしかなかったですね、はい(笑)

自分はこういう乗り物系は前半15分で飽きるタイプなんで、わかってた事なんですけど

今まで乗った動物は、タイで象に乗って、オーストラリアとモロッコでラクダを乗ったぐらいかな

南アフリカでダチョウに乗りたかったんですけどね、一緒に行動してた二人が全然乗り気じゃなくて却下されました(笑)

でも日本でもダチョウに乗れるらしいです

沖縄にあるそうです↓

ダチョウランド沖縄

この場所はつながれたダチョウの背中に乗るだけみたいですね

走りまわる事は日本では難しいのかも知れません

中学時代のポカリスエットのCMのイメージが強すぎて、凄く乗りたいんですけどね

 
あ、懐かしい!と思った方は自分と同年代ですね(笑)

ちなみに歴代のポカリスエットのCMはこちら↓


懐かしー!歴代ポカリスエットCM【1999年~最新編】

ポニートレッキングがいつのまにかダチョウの話になりましたが、だいたいこんな感じのブログなので気にしないでください(笑)

次回は138カ国目の『スワジランド』を紹介します

この国が世界一周最後の国になります

ではでは・・・

スポンサーリンク
スポンサー
スポンサー

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です