ジブリ映画『ラピュタ』のシータの故郷は実在した!?『天空の王国』レソトを紹介します

blog_import_56559cf65074b

今回の記事は137カ国目のレソトを紹介したいと思います

『天空の王国』と呼ばれているそうですが、一体どんな国なんでしょうか?

では軽くレソトの情報を載せたいと思います

国旗のマークが可愛いですね

最近人気の料理に使う壷というかナベに似てますね

実はこれは帽子なんです

民族帽子とでも言いましょうか、結構被っている人も多かったです

写真も何枚か撮ったので、そのうち出てくると思います

レソトの場所はこちら

南アフリカにすっぽり入っている小さい国なんですが、こういうスタイルも珍しいと思います

ちなみに、もう一つの国『スワジランド』も行ってきたのでお楽しみに!

通貨はこちら

レソトロティなんですが、普通に南アフリカの通貨『ランド』も使えます

その逆、レソトの通貨を南アフリカで使う事はできないんですけどね

ナミビア、スワジランドも全く一緒なんです

南アフリカはこの辺りの政治といいますか、ビジネスの中心だからこうなったんでしょうね

ちなみにWikipediaによると、このレソトは世界最南端の内陸国だそうです

1996年にイギリスから独立したんですね、知りませんでした

Wikipediaを軽くまとめますと・・・

・『レソト』という意味は『ソト語を話す人々』

・『アフリカのスイス』、『南部アフリカの屋根』とも言われている

・全土がドラケンスバーグ山脈の山中に位置する為、平地が一切無く全土の標高が1400mを越える

・気候がイタリア北部と似ている(イタリア言ってない(涙))

・経済は農業と南アフリカ共和国向けの繊維製品を中心とした輸出、南アフリカ共和国への出稼ぎで支えられている

・家畜の頭数が人口より多い(これすごいですね)

・農業従事者人口は国民の18%と少なく、南アフリカ共和国への出稼ぎ人口の2倍弱に過ぎない

・失業率が40%以上

・HIV(エイズ)感染者が1990年代以降激増、国民の約1/4がHIV感染者である

その為、1990年には220万人あった人口が2006年には180万人と激減

平均寿命は60歳から35歳と、成人死亡率が世界でもっとも高い国になっている

南アフリカも十分楽しんだと言う事で、レソトに移動したいと思います

ケープタウンからレソトまで直行バスはないので、乗り換えが必要です

まずはレソト手前のブルームフォンテに行きたいと思います

ケープタウン出発がPM5:00でブルームフォンテ到着AM6:30でした

値段は約8000円でしたが、南アフリカが日本で言うお盆休みに入っていたので、普段はもっと安いです

ブルームフォンテからミニバスでマセル行きのミニバスステーションに行き、バスを待ちます

そうそう、今は一人行動ではなく、最近一緒にいるガクちゃんと二人行動をしています

二人行動はなにかと便利ですね、助け合えるし

普段一人の時は自分ですべて考えて行動しているんですが、誰かと行動するときは相手に決めてもらえるしね(笑)

レソトの首都マセルに着いたんですが、特に見所が無いそうなので、サクサク移動したいと思います

目指すはセモンコという田舎町です

マセルからセモンコまでは約2~3時間程でした

値段は約1200円

ではセモンコの写真をどうぞ


FFの黒魔導士みたいですね、先程紹介した帽子を被ってます

この村の宿はセモンコロッジの一つだけです

乗り合いバス乗り場から徒歩10分程なんですが、坂道なので少し疲れました

ツインルームで一人約2000円でした、ちょっと高いんですが仕方がないですね

毛布をぐるぐる巻き付けているのが、レソト人の特徴です

セモンコも見所がある訳ではないんですが、唯一の観光スポットの滝がこちら

宿から片道約1時間ほど歩きますけど、道中も景色がいいので飽きません

この滝はたいして大きくもないんですが、周辺の景色とのバランスと言いますか、いい感じでした

セモンコに来てすぐに思いついたのが、ラピュタのヒロイン『シータ』の故郷です

どんな景色だったかなと映画を見直したんですが・・・・

これぐらいしか景色が載ってないんです

人間の記憶なんて自分に都合のいいように覚えているもんですね

ちなみにその故郷を調べてる内にいろいろラピュタの都市伝説がでてきました

実はエンディングが二つあるとかないとか・・・

気になる人はググってみてくださいね

これはジブリ作品関連資料集に載っている1枚なんですが、これはパズーがシータに会いに来たところかな

レソトはあまり知られてない国なんですが、物価も南アフリカより安いし、人も景色もいいのでお勧めしたい国です

次回もレソト編になります

ではでは・・・

スポンサーリンク
スポンサー
スポンサー

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です