世界一美しいと言われている『ヒンバ族』の村へ行ってみたいと思います

blog_import_56559c79659c1

今回もナミビア編です

前回に引き続き、少数民族が暮らすナミビアの『オプウォ』です

世界一美しいと言われているヒンバ族の村へガイドを付けて遊びに行った様子を紹介したいと思います

この民族ですね

ツアーの斡旋は観光局で頼むとかなり割高なので、宿のレセプションで頼むか、町中を歩いているヒンバ族に声をかけた方が安くつくと思います

大抵の観光客はレンタカーでこの町へ来るので、ガイドと一緒にその車で行く事になると思いますが、自分は一人で移動していたので、ガイドと一緒にヒッチハイクをして村まで行きました

このツアーではお金をヒンバ族に渡すのではなく、ガイドに渡したお金でスーパーなどで食材を買ってそれを渡すスタイルを取っています

何を渡すのかな?と興味があったので見てたのですが、塩や油、飴などを買っていました

雑誌とか買ってたら面白かったんですけどね(笑)

さてここからヒンバ族が暮らす村です

それにしても凄い髪型です

現在のヒンバ族は北部のクネネ州に住み、総人口はおよそ2万人から5万人と言われています

1部族は30人程で構成され、複数の部族が近隣で暮らして成り立っているそうです

象の皮膚みたいでかわいいです

子供に家の鍵を付けていました

この村にも鍵が必要なんだ?と疑問ですけどね

同部族内での婚約はできないしきたりなので、近隣部族の者と結婚するようです

戸籍はもちろん、個人が身分証明書を携帯しているそうです

足に巻いているアクセサリーはヘビ対策になっているそうです

でも靴は履かないというね(笑)

この女性はヒンバ族ではないのですが、遊びに来てました

ヒンバ族は『オカ』と呼ばれている赤い泥粉と牛の脂肪を混ぜたものを全身に塗っています

日焼けや虫除けの効果+寒さや乾燥から肌を守る役割があるそうです

ちなみにヒンバ族の女性は水浴びをしないため、皮膚を清潔に保っているそうですよ

女性のアクセサリーは既婚、未婚、子供の数などをあらわしているそうなんですが、その総重量は数キロに及ぶそうです

ここから、ヒンバ族の女性にカメラを渡して遊んでもらいました

自分がが撮るよりも素の顔が出てて、いい感じですね

ヒンバ族の村へのツアーはかなりお勧めしたいですね

日本からのツアーも開催してるようなので、気になる方は調べてみてください

ではでは・・・・

スポンサーリンク
スポンサー
スポンサー

『世界一美しいと言われている『ヒンバ族』の村へ行ってみたいと思います』へのコメント

  1. 名前:かなさん 投稿日:2015/05/14(木) 18:09:57 ID:589fc6ab0 返信

    SECRET: 0
    PASS:
    人間ってひとくくりにできないですね。
    でも皆さん生きてる目をしてる、
    実際にいってなくても伝わってきます(^_^)
    捉え方は私なりになっちゃいますが(笑)
    消されちゃうかも前に見れてよかったです!(^.^)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です