バイクで事故りました

blog_import_56559af19e1af

今回はトレッキングツアーからの帰り道、バイクで事故ったお話です

事故後の写真もアップしてるので、心臓が弱い方は見ない方がいいかもしれません(笑)

ドゴン族ダンスを見終えて、さっそくバンディアガラに戻ります

来た道を歩いて戻り、村からバイクでバンディアガラを目指します

この村に着くまでの道中、ガイドがお金がどうのこうのと言い出して、また怒りが込み上げてきました

どんどん、このガイドの本性がわかってきます

ここまで人を嫌いになったのは生まれて初めてかもしれません

自分がこのガイドを選んだので自分のせいなんですけど、本当に困ったガイドです

村から別行動で帰ろうとしてたんですが、なぜかずっとついてくるので、無視して現地人のドライバーと二ケツでバンディアガラを目指します

その後ろからガイドがバイクの二ケツでついてきます

まだオレからお金を搾り取ろうとしてるんでしょうね

こういうのは、無視に限ります

村からバンディアガラまでの道中は悪路なんですが、ドライバーはアホみたいにスピードを上げていきます

オレ『おっちゃん!ちょっとスピード出し過ぎ!!』

と肩を叩いて呼びかけるんですが、おっちゃんは笑って

『問題ないって、慣れてるから!』

いや、慣れてても転ける時はこけますって

スピードメーターが壊れてるので、正確なスピードはわかりませんが、自分もバイクに乗るのでだいたいのスピードはわかります

おそらく時速70km~80kmは出てたんじゃないかな?

自分はカメラもノートパソコンも持ってバイクに乗ってるので、さすがに転けたら故障しかねないので、何回もおっちゃんに呼びかけますが、おっちゃんは、問題ない!の一言

いつ転けてもいいように、前方をずっと見て身構えてたんですが、明らかに減速しないとあかんやろ?ってところでも、そのままのスピードをだすもんだから、案の定バイクが飛び跳ねました

しかも飛び跳ねて着地したところが、でこぼこのくぼんだところで、さらにジャンピング!

二回飛んだ後の着地点がまた最悪で、砂利道というか小石だらけの地点で・・・・

『あ、120%こけるな、こりゃ』

と思ったら、やっぱり転けました

転けた地点から5mは飛んでるんじゃないの?ってぐらい綺麗に吹っ飛ばされて、傷だらけです

バイクはおそらく廃車だと思います

直すより、買ったほうが安いんじゃないの?ってぐらいボコボコになっていました

あまりの痛さにうずくまっていたら、ガイドが遅れて到着

今、一番会いたくない男です

この国はフランス語圏なので、英語を喋れるのはガイドのみなので、こういう時はありがたいのかも知れませんがね

間に入ってもらって通訳してもらうと、救急車はないので違うバイクでバンディアガラまで送るんだそうです

オレ『・・・もう一回バイクに乗れと?』

・・・どうやら本気みたいです

すでに怪我した箇所は麻痺してきてて、痛みはないんですが、バイクにまたがれないし、乗れたとしても、また転けたら笑い話にもなりません

それでも車がないからバイクで送るの一点張り

ウダウダ言っても仕方がないので、バイクの二ケツで帰ります

さすがにガイドが見かねて、病院に一緒について来るそうなので、後から追いかけてきました

まさか事故った後に、さらに二ケツで帰るなんて想像していなかったので、びっくりです

とりあえず、宿に荷物を預け病院を目指すんですが・・・・

まさかの歩きです

オレ『なんで歩きなの?というか歩けないからバイクだしてよ』

ガイド『すぐそこだから!』

もうどうでもええわ!っていう気持ちになりまして、近場なら根性だせば行ける!と自分に言い聞かせて歩きだします

ガイドとガイドを載せたドライバーが一緒についてきてくれたんですが、ガイドはこっちを気にかける訳でもなくスタスタ歩きます

ドライバーは大丈夫?と声をかけてくれるんですけどね

しかし、ここまでひどいガイドっているんですね

ガイドがなぜかお土産屋で売ってるようなドゴン族の杖を持っているのが目についたので・・・・

オレ『ちょっと歩くの辛いから、その杖かしてくれない?』

・・・と、聞くと(というか、言う前に普通は貸してくれるけどね)

ガイド『あ、これ?観光客に高く売るから貸せない!』

びっくりでしょ?(笑)

こんな人間って本当にいるんです

この話、全然盛ってないですよ?

むしろ、簡単に書いてる分、だいぶはしょってます

オレ『別にそんな汚れないから貸して!』

ガイド『いや、駄目だ』

こ、こいつ~!!

健康体なら間違いなくビンタしてますが、段々と麻痺した部分に痛みが出てきてそれどころではありません

ドライバーがガイドを言いくるめて杖を貸してくれた時はちょっと涙がでそうでした

杖を借りて少しはマシになったんですが、当然スピードはでないので、どんどん距離が離れていきます

しかも、むかつくのはそれだけではなくて、爆笑してるんですよね、二人が

さすがに転けたオレの事を笑ってる訳ではないんでしょうが・・・・・

普通笑えますか?後ろに杖ついたけが人が一生懸命歩いてるんですよ?(笑)

しかも、お前はオレのガイドやろ!?って感じです

なんとか病院に着いて、順番を待っている時も二人は爆笑中

現地の言葉で話してるので、さっぱりわかりませんが、ジェスチャーなどで、オレを載せたドライバーの話で盛り上がってるみたいです

『あいつ、めっちゃ痛がってたなぁ~!!あはははは』

自分の話ではないにしろ、目の前で盛り上がってる二人を見て完全に堪忍袋の緒がきれました

オレ『あのさ~もういいよ、待ってなくて』

ガイド『なんで?フランス語しゃべれないんだろ?オレが通訳するよ』

オレ『通訳ももういいよ、はっきり言ってもう一緒にいたくないし、どこか行ってくれない?』

ガイド『・・・・・・わかった、あ、杖いるんだったら買う?』

オレ『はぁ?・・・絶対に買わないから、もう行ってくれない?』

ドライバーは訳がわからず、混乱してたんですが、ガイドに言われて一緒に帰って行きました

帰り際、ガイドがドライバーに説明しようとしてたんでしょうね、頭に指をもっていき

『こいつ頭おかしいわ』のジェスチャーをオレは見逃さなかった

健康体なら間違いなく殴ってましたね(笑)

ドゴン族ダンスは最高だったんですけどね、こんな事件があると一気にこの国の事を嫌いになっちゃいますね

これ書いてる時はすでに笑い話になってますが、当時は本当に落ち込んでましたからね

あ、怪我の写真をみます?


腫れすぎじゃないかい?

派手に転びましたが骨折ではないそうです

カメラもパソコンも無事だったんですが、中米で買ったお気に入りのタンクトップに穴が開いてしまって、二度ショックでした

まぁ、でも軽少ですんだ方なのかな?全然納得できないんですけどね(笑)

こうでも思わないとやりきれないですからね

あ、さらにショックな事書いてもいいですかね?

この事故は12月20日だったんですが、バンディアガラで翌年の1月2日まで療養していました

えぇ、最悪なクリスマスと年末年始でしょ?

しかも宿にwi-fiはないし、テレビもないので暇で暇で死にそうでした

う~ん、今となっては笑い話・・・・・・なのかな?

ではでは・・・

スポンサーリンク
スポンサー
スポンサー

『バイクで事故りました』へのコメント

  1. 名前:SHIN 投稿日:2015/04/28(火) 00:10:42 ID:589fc6ab0 返信

    SECRET: 0
    PASS:
    >みほさん
    コメントありがとうございます!
    いやぁ~世の中には凄い人がたくさんいましたね
    怪我は当時は泣きたくなるぐらい痛かったんですけど、骨折もなかったのでなんとか旅を再会することができて良かったと思います!
    またコメントお待ちしてま~す!

  2. 名前:SHIN 投稿日:2015/04/27(月) 23:46:05 ID:589fc6ab0 返信

    SECRET: 0
    PASS:
    >かずおさん
    わ!珍しいね(笑)
    杖は買ってないよ、邪魔だから!

  3. 名前:かずお 投稿日:2015/04/26(日) 23:19:37 ID:589fc6ab0 返信

    SECRET: 0
    PASS:
    杖買ってないのか?

  4. 名前:みほ 投稿日:2015/04/26(日) 00:13:33 ID:589fc6ab0 返信

    SECRET: 0
    PASS:
    こんばんわ。
    記事読みましたが本当に災難でしたね…。
    せっかく楽しい時間が過ごせても事故も災難やし、サイテーな人間のせいでぶち壊しですよね❗️❗️
    でもまぁ、シンさんの怪我がその程度で済んで良かったと思います❗️❗️
    命あればこその旅なので、気をつけて旅してください☺︎

  5. 名前:yoko 投稿日:2015/04/25(土) 17:15:52 ID:589fc6ab0 返信

    SECRET: 0
    PASS:
    ダンスやっと見れたのに、帰りのバイクで事故おこしやっと歩いて病院で手当てしてもらい骨折れなくてよかった
    足と腕の傷は痛そうですね
    それにもまして、むかつくガイドですね
    金とる事ばかり考えて杖も売りつけようとして
    憎たらしいやつですね
    でもなぜか笑ってしまうのは、あまりにリアルで
    情けなく、嫌な奴についてこられて、散々な目に合っていることが、可笑しい・・・
    ぶん殴りたいね よく我慢しましたね
    人間が出来ていますよ
    我慢強く賢いです
    旅に出ると、忍耐と努力が養われるのかしら
    読む方には、とても楽しいブログです
    頑張って下さい

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です