小さなメダルを集めながら世界一周をしよう!

blog_import_56559a9453e35

今回は西アフリカのマリの町『モプティ』を紹介したいと思います

マリの位置はこちら

前回の記事で紹介したジェンネからの移動はこんな感じです

ミニバスで約2、3時間程でした

さてモプティの見所ですが、特にありません(笑)(いつも通り)

というか西アフリカは見所が少ない事で有名なんですが、待ち歩きして地元の人を写真に撮るのがメインになってきます

では、早速写真をどうぞ

アフリカでは洗濯物は地面で乾かすのが一般的なんですが、乾燥しているのであっという間に乾きます

 

 

最近のお気に入りのガソリンスタンド 

世界中でこのゲームを見かけるんですが、今まで見た中で、一番古かったです

このゲームの名前はなんなんでしょうね 

壷職人をよく見かけました 

川沿いということもあり、物資の運搬の拠点にもなっています

船がやたらあります 

 

小さなメダルがありそうな壷群

小さなメダルか・・・・・

エントリー料1人頭1万円で、世界中の小さなメダルを集める大会あったらおもしろいんですけどね

一番多く見つけた人が賞金総取り

ヒントはインターネットや、安宿の情報ノートとかに書いてあったりね

魔法のレミラーマみたいアプリがあっても面白いかも

メダル自体に細工して磁気を発するようにして、半径10mに入るとスマートフォンでそれをキャッチするとかね

で、このメダルを集めてるうちに気付いたら世界一周できるようにルートもあらかじめ決めたりしてね

そのルート上に安宿をオープンさせて、旅人が利用できたりしたり

ツアーに参加しないとメダルがゲット出来ないようにしたりね

FF7のマテリア探しでもいいな

マテリアに情報を載せて、集めれば集めた分だけ、強くなる、つまりベテランバックパッカーになっていくというゲーム

『あ!?レベル99なんですか!?すげぇ~!!』

っていう風に尊敬されるという、なんとも暇人が参加するゲーム

・・・・お金貯めて主催者になろうかな

旅先で出会った子達に色々強力してもらえれば、スムーズにいけそうな気がするのはオレだけかな?

案がたくさんでてきて脱線しそうですが、こんなゲームがあってもおもしろそうですね

はい、モプティでしたね

 

 

 

相変わらず、ゴミだらけです

インドも凄まじいですが、個人的にはインドよりひどいと思います

インドは牛の糞が多いので、それを含めての汚さですが、ゴミの量だけで見たら西アフリカの方が多い気がします

 

 

西アフリカでは識字率が低いので、字が読めない人用に、店先に絵が書かれている事が多いです

 

子供ギャングのボス登場

 

 

木更津キャッツアイのオジー

 

 

 

この子供のステッカーは西アフリカでよく見かけます

ゴールデンチャイルドというキャラクターみたいですね 

 

男の子が女の子を守ってるように見えますが、この直後、女の子達にボコボコにされます 

 

 

モプティは以上です

小さなメダルで盛り上がりすぎました

次回の記事は『バンディアガラトレッキング』です

ではでは・・・

スポンサーリンク
スポンサー
スポンサー

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です