西アフリカのガンビアで33歳の誕生日に坊主にしてみました

rankingshare-a4009a30cd7811e4beef06cfc7d1632b010bbb31aec033ca1b

今回の記事はガンビアです

ガンビア情報を少し載せたいと思います

ガンビアは川沿いに伸びた細長くて小さな国で、最大幅が約48kmしかありません

ガンビアの周囲をセネガルで囲まれているんですが、こういった国も珍しいと思います

・国民の90%がイスラム教で徹底した反米・反イスラエル主義者

・首都バンジュールにある国際空港はスペースシャトルが不時着出来るようにNASAが1989年に造った

・ちなみに感じによる当て字は岡比亜だそう

・公用語は英語英語

西アフリカ諸国は元フランス領が多くフランス語ばかりなので、英語は助かります

ガンビアは独自の通貨があります

その名は『ガンビア・ダラシ』

セネガルのダカールからガンビアの首都バンジュールに向います

ダカールからの行き方ですが、ガンビア行きの乗り合いタクシーは郊外にあるそうなので、そこまでタクシーで向います

AM8:00頃ターミナルに到着

出発はPM12:00でした

以前にも書きましたが、乗り合いタクシーは満員にならないと出発しないので厄介です

4時間待ちはまだいい方かな

国境では何もトラブルはなかったはず、なにかあれば嫌でも覚えてるはずです

ガンビアはVISAがいるんですが、国境でアライバルVISAが取れます

 

12000CFA(約3000円)でした

バンジュールに行くには国境からバッラ(Barra)という街まで行き、フェーリーに乗らないとダメなんですが、到着時間が遅くなってしまって、フェーリーが運行してません

なので、ここバッラで一泊しました

夜のせいかちょっと雰囲気がよろしくなかった記憶があります

翌日、無事にフェリーに乗りバンジュールに到着です

このフェリーはかなり混むのでスリに気をつけてください

あと、スピードが遅いので距離の割に時間がかなりかかります

と言っても約1時間ですけどね

バンジュールは特に見所がないので、バカウという海岸エリアに移動します

めんどくさかったのでタクシーを使いましたが、乗り合いでも行けるみたいです

ちなみに乗り合いミニバスの場所はフェリー乗り場を出て右にまっすぐ行くとガソリンスタンドがあるんですけど、その目の前です

今回利用した宿は

『バカウゲストハウス』

 

目の前が海で見晴らしがいいです

目の前はビーチなんですが、海水浴というより漁をする場所でした

このバカウゲストハウスは個人的にアフリカで泊まった宿の中で一番好きです

ガンビア観光なんですが、全くしてないです(笑)

今だからわかるんですが、西アフリカは見所が少ないと言いますか、どこも似たようなものなんですよね

町歩きは楽しいんですけど、わざわざ一眼持って出かける事は少ないです

なので全体的に西アフリカは写真が少なめです

ガンビアでは観光はしてませんが、シエラレオンVISAとギニアビサウVISAを取得する時に色々と移動してるので、町並みはバッチリ見れたのでお腹いっぱいになりました

ここバカウで誕生日を迎えたんですが、プレゼントと言いますか、せっかくなんで何か変わった事をしようと思い、髪型を変えました

コーンローってわかりますか?

ベッカムも昔してました

自分で言うのもなんですが・・・・全然似合ってなかったです(笑)

こういったスタイルは日本人というかアジア人の場合、よほど顔が濃くないと似合いませんね

よくタイのカオサンでも見かけますけどね、なにか違和感を覚えます

自分はあまりにも似合ってなかったので、一気にバリカンで刈りました(笑)

しかも1mmでね

コーンローにする前は鎖骨下ぐらい髪があったので、洗髪が楽すぎます

楽すぎていいんですが・・・・・

この坊主がまたまた似合ってなくてね(笑)

坊主はガタイがいい人か、これまた顔が濃くないと似合いませんね

いつかは坊主にしてみたい!と散々言ってたので後悔はないんですけど

・・・・すいません、嘘つきました

後悔だらけです(涙)

では、そのコーンローと坊主の写真をアップします

・・・・と言いたいところなんですが、1枚も撮ってません

自分でもなぜ撮らなかったのか不思議でしょうがないんですけどね

ちなみに坊主にする前はこれぐらいありました

 

髪がどうこうよりも黒い(笑)

これは随分前に中米で撮った写真なんですが、わかりやすい写真がこれしかありませんでした

写真嫌いで滅多に自分の写真を撮らないので、貴重な1枚です

坊主の写真はないんですが、3ヶ月後の髪型がこれです

ちょと小さいんですけどね

別人です(笑)

どっちが女性うけしますかね?

 

二度と坊主にはしないと誓った33歳の誕生日でした

 

ガンビアの思い出はこれぐらいかな

一生忘れないと思います

ではでは・・・・・

スポンサーリンク
スポンサー
スポンサー

『西アフリカのガンビアで33歳の誕生日に坊主にしてみました』へのコメント

  1. 名前:ここあ 投稿日:2015/03/20(金) 01:24:09 ID:589fc6ab0 返信

    SECRET: 0
    PASS:
    写真ないんかあ~いっ笑笑
    残念~~

  2. 名前:みほ 投稿日:2015/03/17(火) 11:43:16 ID:589fc6ab0 返信

    SECRET: 0
    PASS:
    こんにちわ(^ ^)
    あたしも2枚目の写真が好きです❤︎
    ロン毛より短髪です!!
    ボウズはどうかわからないですが、あの感じ結構好きですよ(・∀・)

  3. 名前:すーちゃん 投稿日:2015/03/17(火) 08:23:46 ID:589fc6ab0 返信

    SECRET: 0
    PASS:
    めっちゃ黒いw
    普段裸族ですか?w
    私の知り合いがタンザニアで神が長くて「ジーザス」って呼ばれてたって言ってました。
    SHINさんは呼ばれないですか?

  4. 名前:通りすがり 投稿日:2015/03/17(火) 07:35:47 ID:589fc6ab0 返信

    SECRET: 0
    PASS:
    女性受けしますよ、多分。
    坊主も似合いそうですけどねー(^◇^)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です