世界最大級の迷宮都市『フェズ』でお腹が痛くなるという悲しさ

th_DSC_0933-2

今回の記事からモロッコ編に戻ります

以前に青の街『シャウエン』を紹介したんですが、シャウエンを観光後、ラバトでモーリタニアVISAを取得し、『フェズ』に移動しました

今回はモロッコ最大級の迷宮都市、『フェズ』を紹介したいと思います

ちなみに自分が生まれた1981年にユネスコの世界遺産に登録されたみたいです

フェズはビックリマン世代と言うことです

ちなみにモロッコ、フェズの街はこの辺です

スクリーンショット 2015-12-21 10.49.24

スクリーンショット 2015-12-21 10.49.14

フェズの旧市街(メディナ)は城壁に囲まれた2.2km×1.2kmほどの地域です

数世代前から街に住み続けているフェズの住民はファシ(ファーシー)と呼ばれていて、独特の方言が使われているそうです

ちなみに旧市街では北部方言、新市街では南部方言が話されているみたいです

 

th_DSC_0900-1

th_DSC_0899-1 

th_DSC_0940

th_DSC_0923-1

th_DSC_0964-1

th_DSC_0978-1

世界屈指の迷宮都市として有名なので、どんなもんかと期待してたんですが・・・・

確かに迷いました(笑)

しかも、お腹が痛い時に限って迷います

本当に焦ります、

そういう時に限って現地の人に道を尋ねたら、お金を請求されたりします

それだけならまだしも、お金を払わないと、この道は通さないよ!?と訳がわからない事を言われ、往復ビンタをかましたい気持ちをグッとこらえて、フェズの街を彷徨いました

 

え?

ガイドブックの地図ですか??

ガイドブックは持っていないのでいつも適当に歩くんですが、間違いなくガイドブックを見ながら歩いたとしても100%迷うと思います

もしも読者の方で、迷わずに観光できました!って方がいたらコメントしてください、相当、方向感覚がすぐれているんだと思います

フェズと言えばもう一つ有名なものがあるんですが、なんだかわかりますか?

それは『皮なめし』です

 

木綿、羊毛を扱う繊維業、精油、石けん、なめし皮の工場がフェズにはあるんですが、皮なめしに力を入れているそうです

タンネリと呼ばれている川染めの工場を見学するのがフェズの醍醐味らしいのでちょっと行ってみましょう

th_DSC_0909

th_DSC_0905-1

th_DSC_0918-1

これがタンネリです

全然人が働いてなかったんですけど、こんなもんなんでしょうか?

ちなみにこのアングルはビルの屋上から撮りました

タンネリの近くまで行けば必ず現地の人が声をかけてくるので、便乗しましょう

でもビルに入る前に、本当にお金がかからないのかを確認してください!

お土産屋として機能しているビルなので、必ず帰りにお土産を見るように言われますが、興味が無ければ少しだけ見てお礼だけ言って出る事も可能です

トルコのどっかの街のお土産屋みたくプチ監禁されないように気をつけて下さいね

th_DSC_0926-1

th_DSC_0933-2

th_DSC_0938-1

th_DSC_0949-1

th_DSC_0946-1

th_DSC_0955

th_DSC_0961

th_DSC_0966

th_DSC_0972-1

モロッコはナドール、シャウエン、ラバト、フェズというルートで来たんですが、さすが有名な観光地、1番観光客が多かったです

さすがに見所は多くて、ついつい写真を撮ってしまう町でした

個人的にはお勧めの場所です

次回はメルズーガという街を紹介したいと思います

有名な『サハラ砂漠』です

ではでは・・・

スポンサーリンク
スポンサー
スポンサー

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です