モロッコの青い街『シャウエン』に行って来ました

blog_import_5655999e147dc

今回紹介するのはモロッコの青い街『シャウエン』です

旧市街が青い建物ばかりの街という事で有名な町です

ナドゥールからは直通バスが1日に2本でてるんですが、自分はこのバスを予約していてチケットを持っていたんですが、乗れませんでした

なぜ乗れなかったと言いますと・・・


時間を間違えた為です(笑)

自分がモロッコを訪れた時はサマータイムに突入してたんです

なのでチケットに書いてある通りの時間に行ったらすでにバスが出発したあとでした

今回の旅で初めてかもしれません、予約した乗り物に乗れなかったのは

今までの国もサマータイムなどはもちろんあったんですけど、iPhoneで設定すればきちんと時間があってたんですけど、なぜかモロッコの場合はiPhoneでサマータイムを認識していなかったらしく一時間ずれてました

約1500円程チケットに払っていたので、もったいなかったです

この時点で時間はAM10:00 頃だったんですけど、次のダイレクトでシャウエンに行くバスがPM3:00との事

それまで時間潰すのもあれなので、乗り換えたらスムーズに行ける事を教えてもらい、乗り継いで行く事にしました

場所は忘れたんですが、とある街まで行き、そこからシャウエン行きがたくさん出ているらしく、そこで捕まえたら大丈夫だよ、という言葉を信じきってたんですが、そこの街で4時間ほど待たされたあげく、そのバスはシャウエンの10km手前の街、何もない道路みたいな場所で降ろされてしまいました

そんなことなら、ナドゥールから直通で行けばよかったと後悔だらけの一日でした

降ろされた場所は近くにカフェがあったので注文するから朝まで滞在してもいいか交渉したところ、毎時間なにか注文してくれたらいいよ、と言われのでそのまま歩いてシャウエンまで行く事にしました

毎時間注文って(笑)

幸いシャウエンの方へ歩いていると一台の車が停まってくれて載せて行ってくれましたけどね

シャウエンにはAM3:00頃着いたので、宿はどこも空いていない状態だったので、仕方なく明るくなるまでベンチで野宿する事にしました

まさかモロッコで野宿するとは思ってもいませんでした

シャウエンを軽く紹介させてもらいます

モロッコ北部、リフ山脈の南、ティスーカ山z(2050m)とメッグ山(1616m)の山肌にへばりつくように広がる小さな街

『シャウエン』とはアラビア語で『角』を表す言葉なんですが、この二つの峰が二本の角のように見えるのでそう名付けられたそうです

街の正式名所は『シャフシャウエン』なんですが、一般的にシャウエンと呼ばれているそうです

旧市街自体はすごい小さくて2時間も歩けば周遊出来ると思います

自分はこの街は好きなんですが、一日のみ観光しました

では写真をどうぞ

なぜか写真がこれだけなんです(笑)

もっと撮ったつもりだったんですけど、見直したら数枚しかありませんでした

街の感想なんですが・・・・・

確かに青い建物が多いんですけど、インドでも見る事ができるので、世界でここだけというものでもないので特別お勧めもしません

シャウエンはルート的に他の観光地と離れているので、長時間バスに乗って来る価値は・・・難しいいところですけど、自分はなかったかなと思いました

規模などを比較するとインドの方が規模が大きいので、そちらをお勧めします

それでも自分がシャウエンが好きなのは、やはり町並みが可愛らしかったからかもしれません

モロッコのメインとして訪れている人も多いので、観光客が多い街で、いい感じに観光地化されているので観光はしやいすいと思います

ではでは・・・・・・

スポンサーリンク
スポンサー
スポンサー

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です