スターウォーズの舞台になった『トリニティ・カレッジ図書館』を紹介します

blog_import_565598c44fc00

今回はアイルランドの首都ダブリンにある『トリニティ・カレッジ図書館』を紹介したいと思います


約20万冊の古書籍が並ぶ18世紀建築の図書館です

ここには国の宝である、究極の装飾写本『ケルズの書』が展示されています

ちなみに映画『スターウォーズ・エピソード2』に登場するジェダイ・アーカイブはこの図書館をイメージしているそうです

アイルランド情報を少しだけ書いときます


北アイルランドはイギリスですが、アイルランドはイギリスではなく、1つの国です

1つの島で北アイルランドとアイルランドの2カ国あるという事です

ちなみに北アイルランドの首都ベルファストからアイルランドの首都ダブリンまでバスで移動したのですが、国境でのパスポートチェックはありませんでした

自分はまたアイルランドからイギリスに戻る予定なんですが、イギリスではなく、違う国に行く場合はどうなるのか謎です

イギリスに入国して入国スタンプを押してもらってから、出国、入国スタンプを押さずにアイルランドに入国してるわけですからね

国旗

通貨はユーロになります

ダブリンの町並み自体は以前に紹介したスコットランドの首都エディンバラよりもこじんまりとしており、特に見所はありません(申し訳ないですけど)

2~3時間もかからずに観光は終了してしまいました

トリニティ・カレッジは1592年にエリザベス1世によって建設されたアイルランド最古の大学です

その旧図書館の2階がロングルームと呼ばれている部屋になります

約20万冊古書籍が、奥行き65mの長大な図書館を埋めています

古書籍はほとんどが18、9世紀のものですが、5千冊ほどは15世紀に印刷技術が発明される以前の手書き書だそうです

この図書館に入った時にFF5の図書館のダンジョンを思い出しました


レベル5デスで全滅して泣いた事を鮮明に覚えています

最も貴重な手書きの本が、図書館一階に展示されている『ケルトの書』なんですが、一階はカメラが禁止なので写真はありません

しかも、どれがケルトの書だったのかもよくわかりませんでした(笑)

この図書館に入るのには約1500円程の入場料がいります

てっきり大学内の図書館なので無料だと思っていたんですが、世の中はそんなに甘くはなかったです

それを踏まえて、この図書館の評価ですが・・・・・・


ここは来なくていいかな(笑)

自分は1500円の価値があるとは思えませんでした

よっぽどのスターウォーズマニアか、古書籍好きにはたまらないとは思いますけどね

来てみないとわからないので、全く後悔はありませんけど

次回の記事は・・・・・



こんなヘンテコな国旗の島国、『マン島』を紹介したいと思います

ではでは・・・

スポンサーリンク
スポンサー
スポンサー

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です