知っていますか?イギリスという国は存在しない事を

blog_import_5655987525f00

今回の記事からイギリス旅行記になります

その前に・・・

イギリスという国は存在しない、と知っていましたか?

日本人がイギリス(英国)と読んでいる範囲は、正式には『グレート・ブリテンおよび北アイルランド連合王国』略して連合王国(United Kingdom)と呼ばれています

イングランド

スコットランド

ウェールズ

北アイルランド

この4つの国を合わせたものをイギリスと呼んでいるんです

イギリスの国旗

今回の記事で紹介するスコットランドの国旗

全然違いますね

通貨はイギリス全土でポンドで統一されていますけどね

さてさて、今回紹介するスコットランドに行く前に、イングランドの首都ロンドンにも行ったのですが、写真を1枚も撮っていないのでイングランド編はありません

ロンドンを期待していた読者の方には申し訳ないんですが、スコットランドから始めさせて頂きます

ではスコットランドの写真をどうぞ

今回訪れた都市はスコットランドの首都エディンバラ

歴史的建造物が集まっているオールドタウンと18世紀以降に計画的に造られたニュータウンが見事な対比を見せ、ユネスコの世界遺産にも登録されている街です

丘の上に建つ城や街のあちこちに建つモニュメントなどの美しさから『北のアテネ』とも呼ばれているそうです

ギリシャのアテネには行った事あるんですが、特にそんな感じもしませんでしたけどね

このスコットランドの伝統衣装は、女性ではなく男性が着ます

こんな感じになります

日本で着ていた場合は警察に通報されるレベルです

エディンバラ城


城内には入りませんでしたが、三種の神器が展示されてるそうです

この街は世界に冠たるフェスティバル・シティとしても名高く、夏のエディンバラ国際フェスティバルや、年末年始のエディンバラズ・ホグマニーの時期には、世界中から観光客が集まってきます

ですが、自分はあえてその時期は外しました

理由ですか?

人ごみがセロリの次に大っ嫌いなので(笑)

同じ理由でリオのカーニバルも時期をずらしました

行けば楽しめるのはわかっているんですけどね、フェスティバルとかは行かないようにしてます

いかにもイギリス!という公衆電話

遠くから見たエディンバラ城


お城は城内よりも外観を楽しんでます

いちいち城内に入っていたらとんでもない金額になりますからね、よっぽど有名な城以外は外観だけ楽しんでいます

伝統衣装を普段着で着ている人を初めて見ました

ヨーロッパの町並みには飽き飽きしてたのですが、イギリスの町並みは独特で楽しめました

車のナンバーはイギリス内でも国によって違いがあるみたいです

町並みを一望できる丘の上に行ってみました

ですが、かなり曇っていて写真はこれだけです

観光シーズンはすでに終っているはずなんですが、観光客だらけでした

特にイギリスは中国人が多かった気がします

このおじいちゃんも着てました

この街を訪れた数日後にスコットランがイギリスから独立をするか、しないかの選挙が行われたそうなんですが、結局独立には至らなかったそうです

個人的にエディンバラの町並みは好きになりました

写真中心ですが、エディンバラの街の雰囲気がこの記事で伝える事が出来ていたら嬉しく思います

次回の記事は北アイルランド編になります


ではでは・・・

スポンサーリンク
スポンサー
スポンサー

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です