10万以上の十字架で作られた『十字架の丘』が想像以上に凄い件

blog_import_56559669900d7

バルト三国のリトアニアに来ております

今回は『十字架の丘』という場所を紹介したいと思います

英語名だと、『Hill  of  Cross』と呼ぶそうです

軽く説明を・・・

1831年、ロシア支配に対してリトアニアとポーランドは『11月蜂起』と呼ばれる武装反乱を起こしたがあえなく失敗、40000人の命が失われたそうです

さらに32年後の1863年から1865年にかけて起こった『1月蜂起』では20000人の戦死者を出したが、いずれも砦を擁していたリトアニアのシャウレイの丘は激戦地となり、遺族らは愛する人の遺体を取り戻すことも出来なかったそうです

いつしか、ある者はその思いを捧げる為に、ある者は戦士たちを称える象徴として丘には多くの十字架が建てられていったそうです

そんな『十字架の丘』への行き方ですが、リトアニアの北部、シャウレイという町から、
北約12kmに位置しています

シャウレイの中央バスステーションからバスで約15分走ったところにある、『ドマンタイ』という場所で降りて、そこから約10分ほど歩くと着きます

バスを降りるとこんな光景です

道中にあった樹

ドラクエの世界だと『世界樹の葉』が落ちていそうな樹ですね

見えてきました

凄くないですか?

これ全部、十字架なんですよ?

数世紀という時間を経て、十字架のみならず、キリスト像や聖母マリア像、英雄の彫刻、肖像が、ロザリオなどがカトリック教会の巡礼者によって置かれているそうです

・・・・・サイババは関係あるのか?

インド人かな、置いたのは(笑)

リトアニアがソ連の統治下にあった1944年には、非暴力による抵抗として丘と十字架は再び特別な意味を持ち、ソ連の3度にわたるブルドーザーによる撤去にもかかわらずその数は増え続け、2010年時点で10万点を越えているそうです

何が凄いって、数えた人が一番凄いですね(笑)

 

この場所は前から気になっていた場所だったので、来れてよかったです

予想よりインパクトがあって感動しました


相変わらず、感情を上手く文章に表せないので、こんな文章になります(笑)

『十字架の丘』はかなりお勧めなのでバルト三国に来た際は是非行って見てくださいね

ちなみに入場料は無料です

ではでは・・・・

スポンサーリンク
スポンサー
スポンサー

『10万以上の十字架で作られた『十字架の丘』が想像以上に凄い件』へのコメント

  1. 名前:SHIN 投稿日:2014/08/07(木) 17:18:44 ID:589fc6ab0 返信

    SECRET: 0
    PASS:
    >Lilyさん
    おひさしぶりです!
    ここはかなりオススメですよ~
    途中の樹はなんてことない樹なんですけどね、なんか素敵でした

  2. 名前:Lily 投稿日:2014/08/04(月) 20:44:29 ID:589fc6ab0 返信

    SECRET: 0
    PASS:
    こんにちは。
    楽しくブログ拝見させてもらってまーす。
    ココ、行ってみたいんです。来年かなー
    途中の木の写真、とっても素敵でした。
    あれも見たい(*^^*)

  3. 名前:SHIN 投稿日:2014/08/04(月) 16:11:23 ID:589fc6ab0 返信

    SECRET: 0
    PASS:
    >*いっちさん
    コメントありがとうございます!!
    この場所はバルト三国で一番インパクトがありました、かなりオススメの場所です~
    勉強になりますか?(笑)
    頑張って更新していきますね(^∇^)

  4. 名前:*いっち 投稿日:2014/08/04(月) 07:33:33 ID:589fc6ab0 返信

    SECRET: 0
    PASS:
     
    インパクトありすぎ~(^-^;
    ・・・でもいってみたい☆ 
    SHINさんのブログはいつも勉強になります!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です