ウクライナの町『オデッサ』の『愛の橋』、『ポチョムキンの階段』よりも美人が気になります

blog_import_565595d0db922

今回からウクライナ編になります

×9円で計算してました

沿ドニエストルからバスで約3時間かけてオデッサという町に辿り着いたのですが、この町は観光客が非常に多かったです

海外からとかではなく、国内のウクライナ人が多い気がします

数ヶ月前のウクライナの問題でクリミア半島の事件があったせいか、海外からの観光客が激減してるそうです

クリミア半島なんですが、本当は行きたい場所が何カ所かあったので、治安や情勢を現地の人に聞いてからクリミア半島に行こうとしてたんですが、クリミア半島って・・・

現在はロシア領なんですね、知りませんでした(笑)

 

さすがに、クリミア半島の問題は知ってたんですが、その後の経過は調べてなかったので、正直驚きました

ロシア領になったという事は、当然ロシアビザは必至になりまが、かなりめんどくさいんですよねロシアビザは

バルト三国あたりで取得できるとかできないとか聞いた事があるんですけど、場所的にバルト三国に行ってからクルミア半島にはまず行かないので、今回は諦めました

では、ウクライナのオデッサの写真になります

2階にシュレックがいます

ここが一番の観光名所です

ポチョムキンの階段


正しくは『プリモスキーの階段』だそうです

なぜポチョムキンと言うのかというと、ソビエト映画史上ベストワンと言われる、エイゼンシュテイン監督の『戦艦ポチョムキン』からきているそうです

なんでもこの場所が撮影場所で使われたんですが、そのシーンがとても強烈だったみたいです

階段の下から見ると踊り場が見えないんですが・・・・

上から見ると踊り場が見えるんです

最上段の幅は12.5mなんですが、最下段の幅は21.6mと、下から見上げた時に堂々とした安定感が感じられるようになっています

お金持ってないよ~と言い続けたんですが・・・・

見事に2匹も乗せられて、お金を請求されるという


えぇ、もちろん払いません

お金が無と言っているのに勝手に乗せてきて、勝手にカメラを取り上げて撮ってくるんですからね

払う必要なんて1mmもないです、こんなのに払っていたらキリがありません

こちらも有名な・・・

愛の橋

なんてことない橋なんですけが、よく見ると・・・

南京錠がかけられているんです

鍵にはお互いの名前や日付、メッセージなどが彫られています

恋人や新郎新婦が愛を誓って鍵をかけて行くというくだらない橋です

・・・嘘です、ロマンティックな橋です

自分も記念にフィリピンで買った20円の南京錠をつけようと思ったんですが、これがなくなると辛いのでやめときました

しかも、何記念やね~ん!なのでやめました



さぼりまくってますね、さすが旧ソ連の国の警察官です(笑)

写真は以上です

先程も書きましたが、ウクライナは噂に聞いた通りの美人率でした

No.1かどうかですか?

決めれないよね、全世界行ってないから(笑)

今までで行った国の中では間違いなくでNo.1ですけどね

ちなみにアルメニア&グルジア(コーカサス地方)が自分の中で上位だったんですが、なんというか、系統が違うと言うんでしょうか、性格と可愛らしさで言うとコーカサス地方なんですが、見た目の綺麗さ、美人度から言うとウクライナの圧勝です

本当にモデル体型の女性がゴロゴロしてます、ビックリしますよ?

北欧はどうなんでしょうね?

楽しみにしててくださいね(今回も写真無いけども)

オデッサ自体は、海が近いせいか、リゾートチックな観光地でした

次回はウクライナで最もウクライナ色が強い町と言われている『リヴィウ』を紹介したいと思います

ではでは・・・

スポンサーリンク
スポンサー
スポンサー

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です