『宙に浮く』という意味の世界遺産『メテオラ』はなんとも独特の雰囲気でした

blog_import_565594e98579f

73カ国目のギリシャに来ております

今回紹介するのは世界遺産『メテオラ』です

有名なので知ってる人も多いと思いますが・・・・

こんな場所です

『メテオラ』とはギリシャ語で『宙に浮く』という意味しています

メテオラに最初に人が住み始めたのは9世紀頃、キリスト教徒に対する弾圧を逃れ、神との交信を求めてこの山奥へ移ってきたそうです

14世紀になるとさらに多くの修道士達がやって来て、岩の裂け目や洞窟に住み始めたそうです

トルコのカッパドキアみたい場所ですね

メテオラへの拠点となる町『カランバカ』までは、アテネからだと電車で3、4時間でした

街中のどこからでも岩が見えます

かなり大きいです、迫力があります

アギア・トリアダ修道院の中です

メガロ・メテオロン修道院の中

メテオラに来るまでは一つの修道院だけだと思ってたんで、4、5つ程あってビックリしました

想像以上に岩の高さもあってなかなか迫力がありました

そうそう、カランバカからの行き方ですが・・・

バスがカランバカから一日に3本程でているので、一番奥のメガロ・メテオロン修道院まで行き、そこから歩きながら他の修道院に行くのがベストなんじゃないでしょうか?

修道院の中にも入れますが、曜日や時間によって入れない時があるので注意してください

料金は毎回3ユーロ(約400円)かかります

全部の修道院に入ろうと思ってたんですが、途中で飽きてしまったので断念しました

壁画などは写真禁止なので、お金払ってまではいいかな、という気持ちが勝ってしまいました

町からは歩いて観光できるので、のんびり散歩しながら修道院を周るのがいいと思います

バイクのレンタルもありますが、そこまでしなくても十分行けると思います

メテオラは独特の雰囲気があり、お気に入りの世界遺産になりました

今回でギリシャ編は終了です


次回から74カ国目のブルガリ編になります

ではでは・・・・

スポンサーリンク
スポンサー
スポンサー

『『宙に浮く』という意味の世界遺産『メテオラ』はなんとも独特の雰囲気でした』へのコメント

  1. 名前:SHIN 投稿日:2014/07/04(金) 15:24:57 ID:589fc6ab0 返信

    SECRET: 0
    PASS:
    >すーちゃんさん
    ですね~歴史はね・・・・一応ブログ書く時に一通り調べるんですけど、うまくまとめれないっすね!
    なんとな~くの読者の方はそういう情報は求めてないのでこれで大丈夫です(笑)
    写真でその国の事に興味がわいたら自分で調べて下
    さい!!っていうスタンスです、このブログは(^∇^)

  2. 名前:SHIN 投稿日:2014/07/04(金) 15:15:55 ID:589fc6ab0 返信

    SECRET: 0
    PASS:
    >minaさん
    コメントありがとうございます!
    メテオラよかったです、かなり!
    そしてかなり疲れました(笑)
    また遊びに来て下さいね~

  3. 名前:すーちゃん 投稿日:2014/07/04(金) 01:40:56 ID:589fc6ab0 返信

    SECRET: 0
    PASS:
    飽きた感が伝わって来て面白かったですw
    ヨーロッパのブログって歴史知らなかったら書くの難しくないですか?
    私もほぼ写真で終わりました!

  4. 名前:mina 投稿日:2014/07/03(木) 23:18:14 ID:589fc6ab0 返信

    SECRET: 0
    PASS:
    メテオラ!!すごーーーーーいヽ(*'0'*)ツ
    最初の写真見た瞬間ちっちゃく「きゃー」って言いましたw(←今、夜なんで、ちっちゃくねw)
    岩だらけの町風景も異国情緒たっぷりで見てるだけでテンション上がりました!
    また覗きにきます(* ´艸`)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です