ここはアジア?ヨーロッパ?大都会イスタンブールはこんな町でした

blog_import_565592743252f

blog_import_565592743252fパムッカレから夜行バスでイスタンブールに移動しました

走行時間は約12時間程です

イスタンブールトルコの首都だけあって大都会でした

大都会なんですけど、都会は苦手なので、有名なアヤソフィアやブルーモスクを押さえればいいかな、と言う事に落ち着きました

物価もイスタンブールは特別に高いです

自分はトルコの東から旅をしているので、よくわかるんですが、間違いなくヨーロッパに近づけば近づくほど物価は上がっていくと思います

地中海側のリゾート地区はもっと高いんじゃないでしょうか?

ちなみにイスタンブールの宿は25リラ(約1250円)でドミトリー(相部屋)だったんですが、東トルコの場合はこの値段でシングルに泊まれました


綺麗なドミより汚いシングルというのが自分の中で定説なので、
ドミトリー部屋で、あまり長居したくないな、という事でイスタンブールは2日滞在になりました

ちなみに宿は旧市街地区に固まっています

アヤソフィアやブルーモスクに近いので立地は最高でした

では、写真載せて行きます

とりあえず、有名な『サバサンド』を探しにガラタ橋に向かう道中です

ガラタ橋

イスタンブールで有名な『サバサンド』は船の上で作って売いるんです


こちらが有名なサバサンドです

約250円ぐらい

賛否両論があるそうなんですが、個人的にはかなり好きです

お勧めなんですが、骨には注意して食べて下さいね

ガラタ橋からすぐ近くの『イェニ・ジャーミィ』

何をするわけでもなく、のんびり出来る場所でした

路上で頑張っていた少年


こちらが有名なアヤソフィアです

外観より内部が素敵なアヤソフィアなんですが・・・

入場料が約1500円と高額です

しかも、現在は修復しています

トルコの観光地には修復中にかなり遭遇しました

国をあげてやり始めてるのかもしれませんね

アヤソフィアはキリスト教とイスラム教がミックスされてるそうです

修復している事を差し引いても存在感は素晴らしかったです


スルタンアフメッド・ジャーミィー(
通称ブルーモスク)

こちらは無料です

大型連休のせいか、かなり人がいました

カッパドキア、パムッカレもこの連休にぶち当たってしまったので人が多くて疲れました

自分もその内の一人なので文句は言えませんけどね

撮影料1リラという張り紙を見落としてしまって仕方なく払いました

イスタンブールは大都会でしたけど、自分的に観光地はおさえれたので大満足です

さて、長くなったトルコ編もこれにて終了です

トルコには20日程滞在した計算になります


入国直後は楽しめるかな?と愚痴をこぼしたもんですが、かなり好きな国になりました

交通機関もしっかりしてるので移動も簡単というのが何より素晴らしいかったです

次回の記事は『キプロス島』を紹介したいと思います


この島は問題がある島として知る人ぞ知る島です

なんでも島の北と南で文化が違うというか国が違うというか・・・・・

詳しくは次回の記事で書きたいと思います

ではでは・・・

スポンサーリンク
スポンサー
スポンサー

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です