この子の身に一体何が起きたのか?

blog_import_5655908a1e5f4

今回紹介するのはトルコ東部の町『ディヤルバクル』です

ワンからバスで約7時間程でした

ディヤルバクルに来た理由はただ1つ・・・・それは情報ノートを見る為です

イラク情報をゲットすべくこの町にやってきました

イラク北部のクルディスタン自治区に行きたいんですけど、ネットで探しても全くと言っていい程情報がなかったんです

2年前とかの情報だったら出てくるんですが、いつからかビザシステムが変わったらしく、国境でのアライバルビザが取得出来なくなっているんです

つまり事前にビザを取得しないとクルディスタンには入国できません

この件に関してはいずれゆっくり書く事になります

ちなみに水色の◯がトルコ、イラクの国境になります

ワンから直通でイラクの『アルビル』まで行けるみたいなんすが、とりあえずディヤルバクルで情報収集をします

ちなみに情報ノートが置いてあるのはこちらの宿

地球の歩き方にも載っています

なかなかのボロ宿ですけど、その分値段が安いので文句はいいません


15リラ(約750円)でした

さてさて・・・・肝心の情報ノートを見てみます


この町の子供に気をつけて下さい、石を投げられます

物乞いに注意!かなりしつこい!

なるほど・・・・石と物乞いか

この宿汚すぎ!!これで15リラは高すぎる

 

肝心のイラクの情報は・・・


行き方は載ってるんですが、今欲しいのはビザ情報です

なんと・・・

2013年3月で情報ノートが更新されてませんでした

1年前の情報で終わりって事は・・・・・ないですね、ビザ情報は(笑)

オレは一体何しに来たのか、ディヤルバクルに・・・

とりあえず、石を投げられに町に繰り出してみます

これは有名なんだそうです

4本足のミナレットと呼ばれているんですが、確かに珍しいと思います

4本だけで支えてるのは今まで見た事はありません

若者達は結構フレンドリーなんですけど、石を投げる子供はもっと幼い子供達か?

フレンドリーなんですけどね

珍しく女性から『撮って~』攻撃を頂ました

こちらとしても大歓迎なので何枚か撮らせてもらいましたよ

必殺仕事人

石・・・・・・飛んできませんね

確かに多少、苛つく時もありましたが、基本的にみんなフレンドリーでした

確かに悪ガキが多いイメージはありましたけどね

悪ガキね・・・・イランに比べたら可愛いもんですよ

初めて馬の蹄を手入れしてるのを見ました

そうそう、物乞いですが・・・・確かにしつこいかもしれませんね

ポケットに手を突っ込んで来たりします

しかも子供がやたら多いんです、大人の物乞いは全然いないんですけどね


ディヤルバクルの見所ですか?

メインロードはたいして見所はないんですけど、路地裏とかはお勧めです

なんとも言えないんですけど、たまたまオレが歩いた時は何事もなかったんですが、石を投げてくる子もいるかもしれませんね

旧市街は広いので中にはそういうエリアもあるかもしれません

あくまで自己責任でお願いしますね(笑)

今回、オレが言いたいのは石の事でも物乞いの事でも無くて・・・・

この子の身に何が起きたのか・・・・・・という事です

サッカーボールて(笑)

世界遺産でしょ、この子は

次回はイラクに向けて本格的に動き出します!!

ではでは・・・・

スポンサーリンク
スポンサー
スポンサー

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です