カザフスタンの電車の中で今までの電車の旅を振り返る

blog_import_56558c0f41f73

61カ国目のカザフスタン編です

今回は『トゥルキスタン』から『アクタウ』という町まで電車で移動したときのお話です

移動距離は約50時間程なんですが、50時間と聞いて読者のみなさんはどう感じますか?

そんな時間は耐えられない?

全然平気?

電車のクオリティーによる?

色々な意見が聞こえてきそうですね

自分の場合、チケットを買う時に職員に50時間かかるよ、と言われた時に職員に聞いた事は・・・・

オレ『あのー・・・飯付きですかね?』

これですね(笑)

電車のクオリティや走行時間なんてどうでもいいんです

ちゃんと目的地に着ければなんだっていいんです

そんなことより、飯です、飯!

50時間というと約丸2日間、飯付きでなければ、5食分は確保しないと厳しいですからね

インドのように売り子のおばちゃん達が、車内販売してくれるタイプならいいんですけど、
先進国にありがちな食堂車完備タイプだとしたら高くつきます

チケット売り場のお姉ちゃん曰く、車内に熱々のお湯がでる機械があるそうなので、ラーメンでも作って凌ごうかなと、そんな感じで行く事にしました

列車移動の話といいながら、電車の写真が1枚もないのが申し訳ないです

カザフスタンの電車に乗った感想ですか?

いい感じでした(アバウトで申し訳ない)

インド以来、電車移動をしてなかったので、比較対象がインドの列車というのが、原因かもしれませんけどね

あんなのと比べたらどこの国の電車もクオリティが高くて当たり前です

インドの写真は無駄にあるのでアップします

出ました、これがインド列車です

気になる車内は・・・・

ちなみにバックパッカーがよく利用してると思われる3等寝台車です

2等だと冷房完備になります

乗った事がないのでなんとも言えませんが、かなり快適みたいですよ

4人1部屋だったかな、2等は

1等に乗った事がある人に会った事がないのでなんとも言えませんが、おそらく1等の電車よりも飛行機の方が安いので飛行機にみんな乗るんじゃないかな

しかし・・・ひどいですね、よく耐えてたな

インド列車は慣れるとおもしろいんですが、慣れるまでがちょっとしんどいです

一応、席に番号があるんですが、インド人は普通に座ってくるので、注意が必要です

インド列車の事だけで今回のブログが終わりそうなのでカザフスタンの列車に戻りましょうか

自分が買ったのはおそらく1番安い寝台チケットなんですけど、ドア付きの部屋に4人が寝れるような配置でした

ベッドの大きさもインドは比較にならないので快適だと思われます

50時間だと、電子機器の充電が心配になるところですよね?

一応コンセントはあるんですが、充電ができませんでした

現地人は普通に充電してるので、電圧がバッチリ合ってないとできないのかもしれません

先程書いた、熱々のお湯なんですが、ちゃんとありました

現地の人達の利用頻度がかなり高くて、使い方等は親切に色々教えてくれます

車内販売のおばちゃん達は、来るのは来るんですが、パンや果物といった物ばかりでした

食堂車も完備されてるみたいなんですけど、10車両先にあったのでめんどくさくて行ってません

車掌にメニューの値段を聞いたところ、街中のレストランの倍近くしました

そうそう、バスでの最長は60時間ぐらいなんですが、電車での最長は38時間だったので、この電車で記録更新しました

ちなみに38時間乗った電車は、オーストラリアで乗車した『インディアンパシフィック』という列車です

この列車は、シドニーからパースまで全長3961kmを結び、その中には世界一直線が長い区間が含まれているんです

自分はアデレードからパースまでの区間で利用したんですが、シドニーからだと完全にオーストラリアを横断する事になります

ちなみにその時の写真は・・・・

あきらかにインドと違いますね(笑)

鳥の絵がオシャレな列車でした

食堂車です

ちなみに席は寝台ではなく普通の座席タイプでした

それでも、さすがにオーストラリアは座席が超広かったので快適でした

同じ車両に日本人旅行者がいたのにも驚きました

この列車を利用したのが、旅にでて110日目ぐらいかな

とりあえず、久しぶりにこの写真を見て思う事は、なぜ、オレはこんなに黒いのか?という事ですね(笑)

この時に装備していたアイテムを未だに持ってるという事に驚きました

物は大切にしないといけません

あれから約2年か・・・

おれはいつまで旅を続けていられるのかな?

ちょっとセンチな気分になりますね

カザフスタンの列車50時間の旅・・・・

これにて終了です(笑)

インドとオーストラリアの列車で終わるというひどい記事になりました

勝手に昔を振り返り、センチな気分になるという自己満足な記事で申し訳ないです

ではでは・・・

スポンサーリンク
スポンサー
スポンサー

『カザフスタンの電車の中で今までの電車の旅を振り返る』へのコメント

  1. 名前:SHIN 投稿日:2014/04/19(土) 17:08:46 ID:589fc6ab0 返信

    SECRET: 0
    PASS:
    >Koheiさん
    本当にコメントしてる(笑)
    星ね・・・・・頑張ってみるわ!
    このブログは脱線が醍醐味ですからね~
    情報とかは他のブロガーにお任せしますwww

  2. 名前:Kohei 投稿日:2014/04/14(月) 12:37:12 ID:589fc6ab0 返信

    SECRET: 0
    PASS:
    なんとなーくのブログを書いてる人の顔はもうわかったんでなんとなーくの人が撮る星の写真がみたいです。一読者としてリクエストしまーす。
    ってなことで笑
    それにしてもしんさん、話がそれすぎでしょ。笑
    インドとオーストラリアの話じゃんww
    おもしろいからいいけど。笑

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です