生きた心地がしない・・・アフガニスタンで警察官に囲まれる!

a2c7ca6571

前回の続きから・・・・・

アフガニスタン滞在二日目で起きた最悪な一日を記事にしております

是非前回の記事から読んで見てください
危うくアフガニスタン人にビンタをかますところでしたからね、かなりイライラしてます

警察官3人が食堂に来たところからかな・・・・

お兄ちゃん『パーミションを申請しに行きますよ

オレ『だから、何なのそのパーミッションは?他のアフガニスタンの都市ではいらないんでしょ!?』

お兄ちゃん『パミール高原にい・・・・』

オレ『だから、パミール高原には行かないって言ってるよね?』

(この町を拠点としてパミール高原という景色が綺麗な場所に行く事ができます)

警察官『とりあえず、来なさい』

この国で揉める事はかなり厄介です

なにが厄介かというと・・・・

そもそもアフガニスタンは全土に退避勧告がでているので、日本人は行くな!と言われてるのと一緒なんです

そんなエリアに突っ込んで行き、警察のお世話になるなんて大使館側も呆れるというか、かなりお叱りを受けます

『あはは、捕まっちゃいましたわ』

ではすまない国な訳です

パーミッション取得ごときで捕まるのもアホらしいので、警察官が3人来た時点でおとなしくお金を払おうと思いましたね(あくまで申請料の10USD)

事務所に戻り色々と話を聞く事に・・・

警察官は一人残って帰って行きました

職員『いいかぁ、このファイルを見てくれ!!』

そこには外国人ツーリストがパーミッションを申請した一覧表がありました

オレ『こんなのいいからさ、申請料がかかるのか、かからないかを知りたいんですけど、書類とか無いんですか??書類代は10USDと書いてある書類!!』

すでにパーミッションはできあがってるんですが、そこにも記載はないんです

オレ『ここは政府が管理してるんですよね?だったら必ずありますよね、証明できる物があれば素直に払います』

警察官が来た時点でお金を払おうと思ってましたが、職員と兄ちゃんのニタニタ笑う顔を見てまた怒りがこみ上げてきたました

職員『そんなのはない!!他の外国人は払って・・・・』

オレ『他のツーリストはどうでもいいんですよ、証明できるのできないの?どっちですか?』

もうね、いい加減に帰りたいんですよ、兄ちゃんが朝に迎えに来て、現在PM4:00です

カメラ屋でのトラブルから始って・・・ずっとイライラしてます

職員『そんなものはない!!』

オレ『このパーミッションに記載されてるカブール(アフガニスタンの首都)の事務所に電話してください、直接喋って聞きます!本部がお金が必要と言っていたら払いますよ』

職員『わかった、ちょっと待て』
電話をかけるおっちゃん

こういうのはね、電話をかけた段階で電話を取り上げた方がいいです

現地の言葉で喋られても全くわからないので、始めから英語で攻めた方が無難です

オレ『カブールの職員は英語できますよね??』

職員『もちろんだ』

オレ『ハロー、カブールの事務所ですか??外国人ツーリストなんですが・・・・』

カブール職員『☆≠≠§§⁑▼≪・・・・・・』

全然わかりません

オレ『だめだ、英語だめみたい』

職員『そうか・・・・・』

ニタニタ笑ってなければ、本当にすべてのツーリストがお金を払ってると思えるんですけど、確信はありませんが、職員の態度を見ているとやはり申請料は必要ないと思われます

パーミッションはパミール高原に行く為にいるかもしれませんが・・・

思ってたより、しっかりしたパーミッションだったので外国人がみんな申請するというのは本当かもしれません

この村に滞在するだけなら必要ないと思うんですけど、なんせ確信がないのでなんとも言えません

かなりこの村の事を調べたつもりだったんですけどね、パーミッションの事は一言も書かれていませんでした

写真とパーミッション合わせて2000円・・・・・

アホみたいな金額です、でもしょうがないと諦めました・・・・

はぁ、一日潰れたな・・・

オレ『じゃあ、もう帰るからね』

兄ちゃん『待って下さい!写真をポリスに見せに行かないと駄目ですよ!?』

あ、それもまだ残ってるんだっけ(笑)

前回のブログを見て頂ければわかるんですが、この村には写真撮影が禁止とされている場所があるらしく、それを撮ったのではないかと、ポリスに言われたのでデータを見せに来いと言われてたんです

どっちにしろ手元にはカメラがないので一度宿に向かいます・・・・
どこの国でも撮影禁止エリアは存在するんですが、怪しいところは近くにいるアーミーやポリスに確認することにしています

正直なところ、アフガニスタンだと、どこが撮影禁止かわかりません
もちろん基地やポリスステーションは駄目なんだろうけど、普通の一般の家だと思って撮った場所が撮影禁止だったとも言われかねないので、とりあえず建物系が写っているデータは削除しました(パソコンに移動してから)

後は女性が写っている写真もね、これも何を言われるのかわかったものじゃないので・・・・
しかし、よく考えれば、そんなに撮影を禁止している場所であれば、ポリスに言われた時にそのまま宿までチェックをしにくると思うので、そんなに厳しくないと思いますがね
嘘つき兄ちゃんと二人でポリスステーションへ

しかし、以前出向いた場所とは違う場所・・・・

オレ『あれ?あっちじゃないの??』

兄ちゃん『この辺のポリスをまとめている人(ボス)に見せないと駄目みたいです』

本当にめんどくさい一日です

道中、色々話しかけてきましたが、かなり頭にきてたのでガン無視です・・・

どうやら到着したようです

なんてことない一般的な建物

めんどくさいな・・・・と、扉を開けると・・・・・

尋常じゃない空気が漂っていました

なんていうか・・・

タリバンの秘密基地に案内されたらこんな感じなのかな??

うまく説明できないんですが・・・雰囲気が異様なんです

まず・・・・薄暗い

ど真ん中に明らかにボスだろ!っていう貫禄のおじさんがふんぞり返って座ってるんですが、その横にこれまた貫禄があるおじさんが座ってます(おそらく補佐)

さらにボスを囲むように15人程のポリスが正座して座っています

正座ですよ正座(笑)

外国人が正座をしてるのを初めて見ました

その円の中央に兄ちゃんと二人で座らされて話を聞きます

もちろん正座・・・

ボスが横にいる補佐に何か言っています

オレ『・・・ゴクリ』

お兄ちゃんに英語で訳してもらってます

補佐『カメラのデータは持ってきたか??』

オレ『・・・はい、持って来ました』

こんなに緊張したのはこの旅始って以来です

補佐『ボス、これがデータです』

ボス『うむ、早速見てみるか』

こんな会話だと思うんですけどね

こんなことなら、もっと真剣に写真を削除すればよかった、と後悔しました

山を撮ったつもりが偶然にでも撮影禁止エリア入ってたらどうしよう?

オレ『・・・・ドキドキドキドキ・・・』

写真のデータは40枚程なので、5分ぐらいで終わると思ってたんですが、30分、1時間たってもまだチェックが終りません

そろそろ足が限界です

ボスは補佐と二人で何やら小声で喋っています

たまに写真を見て笑みがこぼれるんですが、その後に尋常じゃない怖い顔をするので何がなんだかわけわかりません

その間も15人のポリスは一切声を発しないのがまた不気味

パソコンのキーボードを叩く音がまた不気味です

『カチッ、カチッ・・・・』

2時間後・・・・・・

ボスが補佐に何か言ってます・・・・

オレ『ドキドキドキドキ・・・』

補佐が放った衝撃的な一言・・・・

補佐『君はカンフーができるのか?』

オレ『・・・・・?』


補佐『カ・ン・フーが出来るのかと聞いてるんだ』

オレ『え?できませんよ、中国ですからね、カンフーは』


ボス『あ?そうなのか?』

と目を丸くしてビックリしてました

オレ『あの、写真は大丈夫そ・・・・・』

ボス『ジャッキー・チェンを知ってるか?』

オレ『知ってますけど、あのー、写真・・・・』

ボス『あぁ写真ね、子供達かわいいなぁ』

オレ『え?あ、そうですね子供達可愛いですね』

ボス『うん、アフガニスタン好きだろ?好きになっただろ??』

オレ『・・・あはは・・・・・そうですね、好きですね』

ボス『うん、じゃあ行っていいよ』

・・・・え?いいの?

なんだったんでしょう、あの雰囲気は・・・・

さすがに解放された時の喜びもあって、共に苦痛に耐え抜いたお兄ちゃんに話かけます

オレ『あそこの雰囲気凄くない?あのボスの威圧感!!』

お兄ちゃん『ええ、彼はやばいです、この辺りのエリア仕切ってるボスですからね』

どうりでこのエリアは安全なはずだわ(笑)

帰り道にこの兄ちゃんにも悪い事したな、嘘つき呼ばわりして・・・

未だにいい奴なのか悪い奴なのかわからんけど、おそらくいい奴なんだろうな

パーミッションが無料!っていったのもオレが詳しく質問してたら10USDかかりますよ、と教えてくれてたかもね・・・・

今となっては確かめようがないんですけどね

今、PM8:00なんですよね

本当になにも出来なかった一日でした・・・

しかも明日アフガニスタンを出国するというね(笑)

濃い二日間だったなー

まぁ、明日のアフガニスタン出国でさらに濃くなるんですが、それは次回の記事で書きたいと思います

長文失礼しました

ではでは・・・

スポンサーリンク
スポンサー
スポンサー

『生きた心地がしない・・・アフガニスタンで警察官に囲まれる!』へのコメント

  1. 名前:SHIN 投稿日:2014/03/25(火) 15:23:09 ID:589fc6ab0 返信

    SECRET: 0
    PASS:
    >シロ子さん
    コメントありがとうございます!
    アフガニスタンは入国するだけなら難易度はかなり低めなんですが、入国してからの危険度は世界トッポクラスだと思います(笑)
    これからも応援してもらえると嬉しいです!!

  2. 名前:シロ子 投稿日:2014/03/24(月) 22:52:36 ID:589fc6ab0 返信

    SECRET: 0
    PASS:
    以前から楽しくブログ拝見してます。
    アフガニスタンって入国できることにびっくりしました。。しかも、読んでるだけでだいぶ怖い状況なんですが。。笑
    でも、私が一生行くことのできない国のリアルが見られて面白かったです。
    これからも素敵でハラハラする旅期待してます(*^_^*)

  3. 名前:SHIN 投稿日:2014/03/24(月) 18:28:26 ID:589fc6ab0 返信

    SECRET: 0
    PASS:
    >金さん
    コメントありがとうございます!!
    世界一周準備中なんですね、来年の5月かぁ・・・
    へたしたら、まだ旅してるかもしれないのでどこかで会いたいですね(笑)
    アフガンも早く安全に旅が出来れば最高なんですけどね!!

  4. 名前: 投稿日:2014/03/24(月) 13:56:22 ID:589fc6ab0 返信

    SECRET: 0
    PASS:
    アフガン一度は行ってみたいんですけどね~
    お疲れ様でした笑

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です