あなたの知らないアフガニスタンがここにはあります

th_DSC_2670

58カ国目アフガニスタンです

タジキスタンの南部に位置しています

国旗

スタン系はパキスタンから始って、トルクメニスタン、ウズベキスタン、タジキスタン、アフガニスタン、現在地はキルギスタンなので残りはカザフスタンのみ

そのカザフスタンビザをキルギスタンの首都ビシュケクで申請している最中です

アフガニスタン・・・・

色々と問題が残る国な訳ですが、自分が訪れた村は皮肉にも今まで行ったスタン系のなかで一番治安がいいと感じた場所でした

今回の記事はそんな村、イシュコーシムを紹介したいと思います

前回の記事の続きで書いて行きます

戦車の残骸を横目に見ていたら、国境から村まで行く車に載せてもらえました

正直なところ、村までの相場がわからなかったんで軽く交渉して150ソモニ(約350円)でした

タジキスタンとの国境が近いだけあってタジキスタンソモニで大丈夫でした
(後日アフガニスタン人に聞いたら40円ぐらいでいけたそうです(笑))

 

宿の情報も何もなかったので、そのままドライバーにお願いして宿まで連れて行ってもらいました


どうやらパミールマルコポーロロッジというらしい

角がオシャレです

オーナーの家族かな



この宿の家族はタジキスタン人だそうです

ちなみに、オーナーはアフガニスタンが大っ嫌いだそうです(笑)

イラク、アメリカ、パキスタンも嫌いみたいです、タリバン絡みですね

ちなみにおれのサングラスです

珍しく部屋の写真を少し載せましょう

トリプルルームをシングル扱いで借りました

気になる料金ですが、ワンルーム30USD・・・を粘って二泊で30USD、つまり一泊15USDまで下げてもらいました


3食付きで30USDだったんですが、宿で食べる食事で美味しいと感じた試しがないので、いつも食事を抜くといくら下げてくれますか?と交渉しています

なんだかんだで夕食はチャーハンみたいな物を持ってきてくれたんでいい宿でした

相変わらず寒いので暖房器具は必至なんですが、この宿のストーブはこれです

暖かそうですね

薪タイプです


これね・・・びっくりするぐらい煙が立ちこめて死ぬかと思いました(笑)

どこかに隙間が空いていて、煙突からうまく煙がでていかず、部屋に充満するという、全然笑えないというストーブでしたね

なので電気コンロを借りて寒さを凌いでました

上記のタイプはスタン系でよく見かけますが、みなさんも気をつけてくださいね

もしも寝ていたらやばかったからね

そうそう、アフガニスタンの通貨ですが・・・・

1アフガニ(AFN)は18円計算でいいんですが・・・・

この村はATMがないのでUSDを両替する形になります

タジキスタンソムニでもいいんですが、びっくりするぐらいレートが悪いのでお勧めしません

宿はUSDで払えると思うので両替は小額でいいと思います

この町から、がっつりアフガニスタンを周遊する方はいないと思うのでね

この村から2、3つ先の村までは安全らしいんですけど、今回はパスしました


ではイシュコーシムの写真でも載せて行きますね

正直なところタジキスタン側の町から10kmも離れてないので景色は変わりません

やはりタジキスタンよりも貧しさを感じます

服装もそうですが、微妙に顔つきや体格が違います


どこが違うって?

・・・・よくわからないんですけどね(笑)


雰囲気です、雰囲気!


気付きました、目の色です!

ブルーがかってるといか、透き通ってる気がします

アフガニスタン人の子供を見てすぐに思い出したのがこの少数民族なんですが・・・

やはり雰囲気が似てます

地図を見たらやはりエリア的に近いんですよね、このエリアは目がブルーがかってます
(いや、多分ですよ?)


ちなみにブログはこちら ↓

世界一可愛い民族はこの民族で決りです

ホローグの町から南に下って行くと、少しづつ見かける事ができるんですが、やはりアフガニスタンの方が多勢います


ホローグで美人が多い!!って思えたのもうなずけます

全然ブルーがかってないというね(笑)

なんだろ、この子達も肉眼で見るとブルーがかってるんだけど、カメラで撮ると違う色に見えるな

全然話が変わりますが・・・この村には水が売っていません

完全にコカコーラの偽物

味はそっくり!というより同じです

ファンタは飲んでないけど、おそらく同じでしょうね

変なガムをよく見かけます

何味やねーん、って感じのガム

これを見かけたら、間違いなくその場所はチャイがでます

他のスタン系でもそうなんですが、このチャイにナンを浸して食べます


これね・・・


苦手なんです(笑)


ナンはナン、チャイはチャイで飲みたい派なんです


楽しみにしていたアフガニスタンチャイ

手慣れた手つきでチャイを入れる姿を見てほれぼれするんですが・・・


ビックリするぐらい不味かったです

その行程でどうやったらそうなるんだ!!って突っ込みたくなりました

牛乳だと思っていたのが全然違うものだったのかな?

チャイは、なんだかんだでインドです、間違いないです

世界チャイ選手権やらないかな

楽しみしていたアフガニスタン・・・

確かにこの町は治安はいいです、かなりいいです

でも何かが物足りない・・・・・

正直なところ、アフガニスタン人達はパキスタン北西部でも見てるんです

ペシャワールやチトラールという町にはアフガニスタンから亡命してきた人達が多勢いるので、すでに見てたんです


アフガニスタンで一番楽しみにしていた事・・・

アフガニスタン女性をこの目で見てみたい!

これがまだ達成されていません

戒律が厳しければ厳しい程、女性は外を出歩かないのは知ってるんですが・・・

それにしても全然歩いていません

これは諦めるしか無いのか?

・・・と半分諦めてたんですが、発見しました!


アフガニスタン女性を!!



アフガニスタン人女性は真っ白でした(笑)

見つけた瞬間・・・

『え?どうなってんの?』

と思いましたからね

イスラム教を信仰している国に結構な数行ってますが・・・・

白は驚きました

かなり衝撃的でした

おそらく隣の女性はタジキスタン人だと思われます


違う女性も歩いていました

ブルー!

いや、ブルーがかってる、というやつです(笑)


この村に来てよかったです

まさか、チャドルの色が白や青だとは思っていなかったのでテンションが上がりました

チャドルは目立たないようにする為だと思うんですけど、1km先でも発見出来そうな色で大丈夫なの?とも思いましたが、これがアフガニスタンスタイルなんですね

例えタジキスタンから約5kmしか離れていなくても間違いなくアフガニスタンですね、ここは!

次回もアフガニスタンの記事になります

ではでは・・・

スポンサーリンク
スポンサー
スポンサー

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です