イラン人のイメージですか?偽造テレフォンカードですかね

f0097493_21332536

2014年1月11日   807日目

イランに入国しております

前回の記事を呼んで頂ければわかるんですが、入国初日でイランの印象が超最悪になっております

ですが・・・・

旅人は口を揃えて・・・

『イラン人はみんな親切だよ!!』

と言います、まだ今一ピンとこないです

うん、これから、これから

読者のみなさんは『イラン』と聞いてどんなイメージをお持ちですか?

色々な回答がでてきそうですが

自分はですね・・・・

『偽造テレフォンカード』なんです

何のこっちゃですよね?

説明させてもらうとですね・・・・

さかのぼる事約17年前(もうそんなにたつんだって気もしますが)

高校生の時に『ポケベル』という物が流行りまして・・・

若い人は100%知らないと思いますが

これですね、超なつかしいです

現在はスマートフォンが主流ですが、昔は携帯電話なんて物は、お金持ちか、やり手のビジネスマンしか持てななかった時代だったんです

これでなにが出来るかというとですね、家の電話や公衆電話からメールを打つと受信することができるんです

つまりメール受信機能が付いてるんです

ですが、これではメールを打つ事が出来ません!!


なので外出してる時は公衆電話でメールを打つんです
(本当に凄い時代ですね))

一回打つのに最低でも10円かかります

なんだ安いじゃん?と思いますよね

それは大きな間違いです(笑)

 

これはやりだすとかなりお金がかさむんです!!

公衆電話でやる時は毎回お金を投入するのが、かなりめんどくさいので『テレフォンカード』を使う事になるんですが、1000円分とかのカードだとあっという間になくなっちゃうんですよ?

おそらく実家でメール打つのを禁止された人も少なくないはず!!

実家の電話代が3~4万とか普通にいきますからね(笑)

そこで!

そこで『イラン人』が登場するわけです!

なぜイラン人かと言いますと・・・・

これ全国的にかはわかりませんが、自分の実家の名古屋付近ではかなり有名だったんです


名古屋駅でイラン人が・・・

『偽造テレフォンカード』を売っている!!!ってね(笑)

どの辺が偽造なのかといいますと、使い古したテレフォンカードの裏に細工をしてまた復活させてるんです

10000円分のテレフォンカードが1000円とかで買えますからね、そりゃ若者だったら喉から手が出るほど欲しい訳です
(もっと安かったかも)


まぁ、違法なんですけどね

名古屋駅とかでイラン人が・・・


『テレカッ!テレカッ!!!』

って言いながら歩いてますからね、かなり異様な光景です

あのイラン人達は今は何をやってるのかな?

なので自分の中のイランのイメージは偽造テレフォンカードなんです


えーっと、旅行記はここからです(
ここからかい!(笑))

ザーヘーダーンからはバムという街に移動しました

この地域も外務省で退避勧告がでているエリアなんですが、全くと言っていいほど平和です

宿のマネージャーも嘆いてました、全然旅人が来ないって・・・・

特に日本人が少ないみたいです

日本人ははちょっと敏感すぎるのかもしれませんね、外務省が通知してる危険エリアはさける傾向があるみたいです、すごい良い事なんですけど

見習わなければいけませんね

さてさて、バムですが・・・・

何かあるのか?という事なんですけど・・・

世界遺産の『アルゲ・バム』という遺跡があるんです


しかし、2003年12月26日にバム地震の為、崩壊してしまったんです

2004年には『バムとその文化的景観』として世界遺産に登録されたんですが、
『危機ににさらされている世界遺産』リストに登録されてしまいました

ですが、2013年6月に遺跡の修復・安全活動が認められ、危機遺産リストから除外されたそうです

早速行ってみましょう

世界遺産認定書

くり抜かれていて少しオシャレです

ちなみに地震前の遺跡は・・・

現在はというと・・・

結構修復されてる?

やはり、まだまだといったところでしょうか?

そうそう、なぜか最近までは無料だったらしんですが、現在は約600円程取られます

ちゃんと修復代に使われてるなら、仕方がない、といったところでしょうか


・・・いや、高いと思います

肝心の城の内部には入れないんですからね

なぜか城壁から頑張って直してる感じがしました

というか、作業してる人が全然いなかったんですけどたまたまなのかな?

修復している作業員を発見した数は約5名

毎日この人数でやっているとしたらなんか先が思いやられますね・・・・・

でもイラン人観光客に人気があるみたいです

デートスポットでもあるみたいですね


アルゲ・バム

うーん、自分にはよくわかりませんでしたね

なので1時間もたたず帰宅しました

バムの街を散策した時の写真を載せますね

バムに住んでいる女性はこの手の服装が多かったです

イランは都会に行けば行く程カジュアルになっていきます

そうそう、イランでは女性は頭を隠さないと駄目なんです

なんと法律で決まっているそうです、すごい法律ですね

しかも外国人観光客もだそうですも

隠さないといけないのは頭?髪の毛?後頭部?

謎なんですけど、スカーフをちょこんと乗せてるのもオッケーみたいです

イランではバイクや自転車に布の物入れ?バックをこうやって付けているのよく見ます

絡まったりしないんでしょうか?

これはイラン全土で至る所で設置されてるんですが・・・

なんだかわかりますか???

これはですね、募金箱なんです

まぁ、何に対しての募金なのか未だに謎なんですけど

数からして相当な金額が集まってると思います

パキスタンとは随分形が変わってきてますね

違いですか?

簡単にいうとイランの方が精巧な作りをしてますね

救急車

修理工場で発見

バムは以上です

バムというよりポケベルですべての力を使い果たしました

次回の記事は仮面の女性を見る事が出来る、
バンダルアッバスという町を紹介したいと思います


ではでは・・・

 

スポンサーリンク
スポンサー
スポンサー

『イラン人のイメージですか?偽造テレフォンカードですかね』へのコメント

  1. 名前:SHIN 投稿日:2014/02/07(金) 16:47:40 ID:589fc6ab0 返信

    SECRET: 0
    PASS:
    >Hitch × kakeru* keiさん
    コメントありがとうございます!
    どうやらそうらしいですね、いつの間にかいなくなってましたねイラン人は(笑)
    イランは人がいいってみんないいますけど、俺は一部の低レベルの若者がどうしても肌にあわなくてかなりお腹いっぱいの国です・・・・
    それでもビザの都合で滞在しないといけないので苦痛でしかないです(笑)

  2. 名前:Hitch × kakeru* kei 投稿日:2014/02/06(木) 20:03:22 ID:589fc6ab0 返信

    SECRET: 0
    PASS:
    イラン人のイメージ(笑)
    そう、私もテレフォンカードでした(笑)
    でもこれある一定の年代以上しか
    わからない話かと(笑)
    ちなみに、どうやら聞いた話によると
    日本へのビザがフリーだったころに
    たくさんいらしたイラン人の方々が
    ビザが厳しくなった後に不法滞在で
    どうやって生きていこうの策が
    テレフォンカードだったらしいです~
    はい、どうでもいい情報でした(笑)
    イラン、若い男の人には
    よくもわるくも…らしいですが
    楽しんでくださいね~!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です