タージマハルを越える観光地?パキスタンの『バードシャーヒー・モスク』を紹介します

blog_import_5655868878d5c

パキスタンのラホールに来ております

今回はラホールフォート周辺を紹介します

バードシャーヒー・モスクという大きいモスクも必見です

いつもの通り写真をどうぞ

道中からですね

おにぎりが売ってる!とテンションが上がります

まぁ、もちろんおにぎりではないんですけどね(笑)

食べてないのでわからないんですけど、気になりますね

よく見かけます、このミニおにぎりは

インドでも見かけるんですが、インドと違うところはパキスタンの方が、
綺麗に並べられてるということです

またしてもロバが大活躍

当然、嫌がるロバ

パキスタンでも写真を撮ってくれ!!と頼まれます

ここからラホールフォートです

入場料は約200円でした

かなりの観光地です

あらためて写真を見ると・・・・かなり空がガスってますね

ラホールもそうなんですけど、近郊の街も晴れてるのにガスってるんです

車の排気量のせいなのか、なにが原因かはわかりませんが、どんよりしてました

バードシャーヒー・モスク

こんなに大きいとは思ってなかったんで衝撃はでかかったです

タージマハルぐらい大きいんじゃないでしょうか?

空が青ければねもっと素敵なんですけどね

ちゃんとポーズをとるところが女の子ですね

パキスタン人の女の子も可愛いです

ここからの写真は、場所の名前を忘れましたが、ラホールフォートの近くです

これは・・・・・

羊でいいのかな?(笑)

耳ってこんなにでかかったかな?



この後、原付に激突されるお兄ちゃん

本当にロバががんばってるんです

人間よりがんばってます

写真は以上です

街中、特に市場を歩いてみて思ったんですが、パキスタン人はなんというか・・・・


好きです(笑)

凄く見てくるのは外国人だからしょうがないんですけど、なんというか、しつこくないんですよね、ガツガツしてないというか・・・・

道を訪ねても親切に教えてくれるし、オートリキシャやタクシーも乗る前に交渉をきちんとすれば、そんなに言ってこないので楽です


あくまで『そんなに』ですけどね

しつこい人はしつこいですよ

個人的にはインド人を少しマイルドにした感じだと思います

大都会でこの親切さなので田舎の方に行くのが楽しみです

次回の記事はワガボーダーセレモニーを紹介したいと思います

なんのセレモニーかというと・・・

パキスタン側の国境とインド側の国境でちょっとした国旗後降納式が行われているんです

1948年から続いてるそうです、しかも毎日ね

実はインド側の国境のセレモニーには半年前に行ってるんです

その時に、いつかは『パキスタン側』で見てやる!って意気込んでた訳です

まさかこんなに早く行くとは思ってなかったんですけどね

インドとパキスタンの国境で行われるセレモノーを見に行こう

 

この場所はかなりお勧めなので、お楽しみに

ではでは・・・

スポンサーリンク
スポンサー
スポンサー

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です