イエメンでは窃盗の罪で手を切断され、公園に吊るされるそうです

blog_import_565585dfb6d8a

イエメンの首都サナアに来ております

マーシーツアーを紹介しようとしてたんですが、あまりにもサナアにはまりすぎて写真が大量にあるので、写真をアップしたいと思います

お土産で欲しかったんですが、、空港の税関で没収されそうなので、断念しました

ちなみに大きいジャンビアで約3000円程でした

ジャンビアは代々、親から子へ受け継がれてるそうです

井戸端会議中

イエメンは本当にお土産のバリエーションが少ない印象があります

マグネットが欲しかったんですが、見つからず断念しました

花火屋さんの少年

旧市街はただ歩いてるだけで楽しめます

一番上の商品は取れるのかな?

熱心に働いてますね

大人は休憩している事が多いです、子供の方が一生懸命働いてました

普通にラクダがいます

この記事のタイトルですが・・・・・

このサナアの旧市街のバーバルイエメン門広場で手が吊るされる事があるそうです

イスラム教では窃盗などは重罪なので、見せしめの為に犯罪者の手を吊るします

興味半分で見にいったんですけど現在はほとんど吊るされてないそうです

たまに見れるよ!とマーシーが言ってたんですけど、本当かどうかは未だに謎です(笑)


次回の記事はヘブン(天国)ツアーになります

ではでは・・・

スポンサーリンク
スポンサー
スポンサー

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です