誘拐事件多発!イエメン潜入レポート

1

2013年11月16日     751日目

50カ国目のイエメンに入国しました

ドバイから飛行機で約12000円でした

ほんとはドバイからオマーン、オマーンから陸路でイエメンに行きたかったんですが・・・・・

とにかくイエメンの治安がよろしくないのと、国内を移動するのに警察のパーミッションなるものが必要らしく、オマーンから来た場合は取りづらいらしいんです

しかも、もし入国出来ない場合、オマーンの滞在費がかなりバカにならないんで、このルートは外しました

イエメンからオマーンは陸路で行けるかどうかもまだわからないんですけど、もし駄目でも物価の安いイエメンなら何日か滞在してもそんなに出費はないかなと思います

イエメンの治安

日本大使館は退避勧告を出しています

現在でいったらシリアと同格のレベルです(2013年現在)

要するにイエメンにいる日本人は危ないからみんな出て行け、という状態

そんな危ない場所に行くなよ

と言う声が聞こえて来そうですが・・・・
もちろん危ない場所はいきません!

国内全土が危ないわけじゃないので、安全な場所しかいかないつもりです

そもそも危ない場所ってそうそう行けません

まず、バスや乗り物が乗車拒否になるので、ヒッチハイクか歩きかじゃないと無理です

ヒッチハイクも外国人なんか載せたら格好の餌食になるんでまず載せないでしょう

警察の検問でまず捕まると思います

イエメン入国に必要なVISA

このビザ情報を調べたのがバングラデシュにいる時なので、2013年10月頃だったんですが、海外でのイエメンビザ取得は100%無理でした

現地のツーリストオフィスなどもかなりあたったんですけど、日本で取得してくださいの一点張りでした

ビザの申請が海外の日本大使館ではとれなくて日本のイエメン大使館で取れるのかは、色々兼ね合いがあるんでしょうね

日本も退避勧告を出すぐらいならイエメン大使館にビザは出すなと言いたいと思いますが、色々と諸事情があるんでしょうね

海外では取得できないので、日本で取る事にしたんですが、ビザ申請にはレターがいるんですが、これは現地の旅行会社に頼んで出してもらいました

このレターさえあれば申請自体は1〜2週間で出来ると思います

危険地域はどこか

危険と言っても色々と危険の種類が違うと思いますが、

イエメンでは外国人が誘拐されるそうです

シリアとかだとまた違った危なさだと思いますが・・・

イエメンの場合は外国人が標的です

要はテロリスト達の交渉の取引に利用されたりするわけですね

捕まってお国や知人に迷惑は絶対にかけれないので、
普段調べないくせにかなり調べた結果・・・

マリーブとサユーンが危ないそうです

マリーブでは日本人女性二人が誘拐されてます

サユーンでも多発しております

テロリストのアジトがあるそうです

旅行会社の人もサナア(首都)周辺なら大丈夫ですよ、と言ってくれたので、最悪、サナアとソコトラ島だけでもいいかな?という気持ちで行ってみる事にしました

ソコトラ島だけ行く人もかなり多いみたいですよ

島だけなら空港から出なくてもいいので超安全ですもんね

イエメン入国後

入国してからダッバーブという乗り合いタクシーでサナアまでいったんですけど・・・・

まぁ、みんないい人達で驚きました

親切に道とか教えてくれるんです

目当てのプチ日本人宿もすぐに見つかり、チェックインをすまして、情報ノートをみていたら・・・・変なおじさんが部屋に訪ねてきました

そのおじさんは『マーシー』といって、サナアだとちょっと有名な人らしく、ツアーを斡旋してるんですけど、情報ノートには賛否両論のコメントが残っていたので・・・どんな人なのか不安だったんですが、意外と普通のおじさんでした

話をすると、空港から乗り合いタクシーを乗った事は危険だからやめろと注意されました

絶対にタクシーを使えとの事でした

自分は思うんですが・・・・

タクシーより乗り合いタクシーの方が安心だと思いませんか?

タクシーの方がドライバーとマンツーマンになるので、ドライバーの気持ち次第で危険だと思うんですけど(他の国ではそうでした、)

スリなどの犯罪だと、タクシーの方が安心して乗れますけど、中南米とかでもタクシー系のトラブルってすごいあるんですよ

とりあえずマーシーの話を聞きましょう

『しんさん、一週間前にそこのスーパーで外国人が殺されたので気を付けて下さい』

『・・・・・まじ?』

長くなりそうなので、続きます

 ではでは・・・

スポンサーリンク
スポンサー
スポンサー

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です