またしても『デモ』で3日間立ち往生です  この何も無いボンディラで・・・

blog_import_5655800ba076e

タワンから『ボンディラ』という街に移動しました

アッサム州からタワンに行く時に通ったんですが、素通りだったので寄ってみました

特に見所と呼べる所は無いんですけどね、なんとなーくです

着いてすぐに、次の予定地までのSUMOのチケットを買おうとしたら
おじさんが・・・・

『今、アッサム州でデモをやってるから、SUMOは来ないよ?』

その人曰く、『アッサム州』はよくデモがあり、SUMOが州境の検問を通過出来ないそうです

ちなみにこのデモの期間が三日間もあります

この何もない街で三日間の滞在が決定しました

過酷な移動ばかりだったので、ちょうどいいか・・・・
って訳にもいけないんですよ

アルナーチャル州のパーミットが一ヶ月しかないんです

せっかく苦労して取ったので、丸々一ヶ月間、旅したかったんですけどね

しょうがないですね、これも旅です

という事で、ボンディラの街の写真を載せときます

もちろん、山奥です

相変わらず、街を歩いてると凄い見られるけど、慣れました

ほんとになにもない街です、というか村です

このおじさん、かなりいい味でてました

鉈(ナタ)を作ってるんです

アルナーチャル州に入ってから、男性がこのナタを付けてるのをよく見かけます

欲しかったんですけど、絶対に空港で没収されます(笑)

野菜が豊富です


民族衣装かな

これ、なんだったんだろ??

ヘナを制作中

ベスパです

インドは元イギリス領なので、ベスパが多いんです

この看板をよく見かけます

これ!

このパチンコ、本当に買おうか迷いました

制服が可愛いですね

完全に民族衣装ですね、うーん、インドは広い


『ランボー』を思い出します

ランボーに娘がいたらこんな感じですね、きっと

どうですか?ボンディラは

素朴さ、伝わりました?

最後に、泊まった宿ですが・・・・

なぜか、侍

受付のおばちゃんに『なんで、侍なの?』と聞いてみたんですが、知らないそうです

謎ですね(笑)

他にも宿は何件かあったんですけど、ここが一番安かったのでここにしました

ちなみに、300ルピーです(約500円)

始めは500ルピーって言ってきますが、負けてくれると思います

結構良い宿ですよ

ではでは・・・・

スポンサーリンク
スポンサー
スポンサー

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です