インドから日本へ荷物を送る方法 シッキム州、アッサム州限定?

177100-259x300-259x300

インドから日本へ荷物を送ろうという話になります

シッキム州のジョーダンから荷物を日本に送ろうと思います

特にお土産などは買ってないので荷物はそんなに増えてないんですけど・・・・
ジョーダンのストライキのせいで、暇なのでバックの中を整理していたら無駄の物がちらほらでてきたんです

まずは・・・・

『水中カメラ』

前回の一時帰国でオヤジから『水中カメラ』をいただいたのですが・・・

充電できなかったんです

おそらく充電池をいれっぱなしで何年も置いていたので電池の寿命ですね
使わない電化製品は充電器を抜いとかないと、勝手になくなっていくので注意してください

このカメラが場所をとるわ、重いわで・・・
本当に使えない電化製品程、邪魔なものってないですよね(オヤジすまん)

あとはスリランカで『コロンボマン』というおじさんにもらった『ルンギ』という腹巻きです
ルンギというのは、インドやスリランカ、ミャンマーなどで男性が着てる布です

これです

ちなみに『コロンボマン』は・・・


怒られてる方が『コロンボマン』です(笑)

あとは・・・・

いろんな施設の半券と各国のお札、コイン

このコインが、くせ者なんです

一カ国だとたいしたことないんですが、国の数が増える毎に重さを増して行きます
お札だけの国ならいいんですけどね

あと、珍しく家族にお土産を買ったのでそれを送ろうと思います
インド北東部は『紅茶』が有名なので『シッキムティー』を二箱ほどね

全部で約3kg程になりました


3kgってばかにならない重さなんですよ?
試しに3kgのダンベルを持って歩いて見て下さい、すぐに捨てたくなりますから(笑)

バックパックは小さい、軽いが基本なので、少しでも軽くなるように日々努力しています

商店で段ボールを貰い、なるべくスペースがないように詰めて、郵便局へ行きます


しかし、
受付のおばちゃんに断られます

なんと、段ボールにテープをぐるぐる巻いただけだと受け付けてないそうです

どうするかというと・・・・・・

 ラッピングです

洋服などの仕立て屋でやらないと駄目だそうです

仕立て屋は郵便局の目の前にありました、いい商売ですね

荷物の大きさに合わせて、生地を切り縫い合わせて行きます

そこまでするの?ってぐらい丁寧でした

気になるお値段は・・・・

250ルピー(約500円)

高いです

日本で考えると安いんですけど、ここは宿とか300ルピーでシングルに泊まれるインドです

頑張ってまけてもらってこの値段ですからね

でも周りの人達を見ても払ってるんですよね

しょうがないですね

ラッピング中、あまりにも時間があったのでパチリ

再び郵便局へ

しかし、これでは駄目だそうです

なんともう一段階あるらしいです、それは・・・・

縫い目にロウを垂らすというね(笑)

ここインドですよ?このセキュリティーは素晴らしいです!

これは送料に含まれてると思います

オレの荷物はドMに生まれ変わりました

先程のおばさんのところへ行きます 

日本まで送りたいんですけど・・・・

『じゃあ、住所お願いします』

 いくらぐらいですかね?

『これでは送れませんよ?』


・・・まだ何かあるんですか?

『もし、遅れなかった場合のタメにインドの住所をお願いします』


あ、すいません・・・住所?


戻って来た時用の住所はこの郵便局ですよね?
ここ(郵便局)の住所でいいんですよね?


『今、泊まってるホテルの住所をお願いします』

ホテル?

ホテルに荷物が戻っても従業員困ると思うんですけどね

というか、いつ荷物が戻ってくるかわからないのに、
この街にはずっといられないんですけどね

現在、旅中ということと、一つの都市には長く滞在しない事を伝えたところ・・・

『あ、じゃあ無理です』

 

・・・す、すごいシステムだ(笑)

南米で二回程送ったんですけど、もちろん郵便局の住所を書きました

インド全土でこうなのかわかりませんが、シッキム州はこうなんですね

結果・・・・送れませんでした(笑)

このラッピングした荷物は今までで一番の邪魔な荷物に早変わりしました

ラッピングした分だけ重さが加わるという奇跡です

後日、次の州のアッサム州で郵便局に行ったら・・・

同じ事を言われました(笑)

さすがにストレスなので、もし戻ってきても破棄してください!と言って送りました

インドの郵送の確実性はわかりませんが、これはある意味賭けです

結局、荷物は無事に届いたのか?

三ヶ月後ぐらいに一時帰国する事になるんですが、なんと無事に届いてました

送ってから10日後には実家に着いてたそうです

ロウまみれドMの荷物を見て両親はびっくりしたそうです(笑)

大事な荷物を送る時は信頼出来る宿など見つけて、戻ってきても再度、郵便局で手続きしてくれる人を見つけた方が確実です!

この話はあくまで、シッキム州、アッサム州の場合です

外国人旅行者が多い都市などでは違うかもしれません

みなさん、頑張ってくださいね!

次回の記事はアッサム州のゴミ捨て場で生活している人々を紹介したいと思います

ではでは・・・

スポンサーリンク
スポンサー
スポンサー

『インドから日本へ荷物を送る方法 シッキム州、アッサム州限定?』へのコメント

  1. 名前:SHIN 投稿日:2013/10/14(月) 08:17:36 ID:589fc6ab0 返信

    SECRET: 0
    PASS:
    >Kyomi☆さん
    今、日本に一時帰国してるんですが無事に荷物が届いてました!
    たいした物を送ってなかったので完全に忘れてました(笑)
    送ってから10日ぐらいで着いてたみたいですよ!

  2. 名前:Kyomi☆ 投稿日:2013/10/14(月) 01:22:00 ID:589fc6ab0 返信

    SECRET: 0
    PASS:
    インドで荷物送るの、大変なんですねー(;゚Д゚艸)
    手紙は不安になるほどアッサリしてたのに。
    まだ日本に荷物送ったことないんで、ビビります(*_*)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です