ここは本当にインドですか?『スラムドックミリオネア』の舞台になったムンバイを紹介します

blog_import_56557d3c53707

チットールガルからムンバイに移動したいと思います

チットールガルからのバスの時間まで時間あったのでカメラ撮影してました

まずは、おやじからやろ、カットするのは

目が透き通ってますね

さて、無事にムンバイに到着しました

ムンバイはデリーを越える大都会なので、宿が全然ありません

いや、正確にはあるんですけど、高い、狭い、汚いの三拍子なんです

デリーは安宿探しには困らなかったんですが、ムンバイは手強かったですね

三時間ぐらい探してようやく見つけました

1泊1000Rs(約2000円)

シェアしてなかったら高くつきますね、ムンバイの宿は

さて、早速ムンバイを散策して見ましょう

まずは有名な駅から

この駅は世界遺産です

ムンバイは映画『スラムドックミリオネア』の舞台になった事で有名なんですが、
この駅も撮影に使われてました

–¼Ì–¢Ý’è-2.indd

スクリーンショット 2015-12-10 21.39.25

ムンバイ駅です↑

この映画はですね・・・・

大好きなんですよ(笑)

今まで見た映画の中でBest10に入ってたんですが、
インドに来てから改めて見て、Best5に昇格した映画です

インドに興味がある人が見たら絶対に楽しいと思います!

・・・ここ、本当にインドか(笑)

ここも一応観光地だけど、デリーにも似たようなのがあったな

鳩がいすぎの広場

ここが、かの有名な『タージマハル・ホテル』なんですが、
正直、ホテルより鳩の方がすごいです(笑)

ムンバイで見つけた可愛い子

園児の送り迎えかな

親がお金持ちなんでしょうね

この風船・・・

誰が買うんだろ(笑)

これもムンバイの姿なんだよね

・・・ムンバイは1日でいいかな

1日だけだから何とも言えませんが、デリーの方が旅人には過ごしやすいと思います

安宿は無いし、歩いている人もビジネスマンが多い印象でした

ムンバイはこんな町なんだ〜ぐらいの感想しかでてきません(笑)

次回の記事もムンバイですが、ドービー・ガードという100年の歴史があるといわれている屋外洗濯場に潜入したいと思います

なかなか興味深い場所でしたよ

ではでは・・・

スポンサーリンク
スポンサー
スポンサー

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です