さぁ、地獄の移動を始めましょう マナリーからレーの移動はローカルバスは危険です

blog_import_56557bc0dd73a

マナリーからレーという街に移動したいと思います

5000m級の山を二回超える大移動になります

マナリーからだと3パターン手段があります

1  ローカルバスを乗り継ぐ 約650ルピー(約1200円)

2  ジープをチャーター (値段は人数によってかわります)

3  ミニバス 約2000ルピー(約4000円)

もちろんローカルバスが一番安いのでそれで行きます

ただ、ケーロンという街までローカルバスで行き、そこからレーまでダイレクトバスで行くみたいです

とりあえずケーロン行きのバスに乗ります

満席

マナリーでバスのチケットを買おうとしてたんですが、
クルという街からバスが来た時には乗車率100%でした

通路もこんな感じ

おばちゃんの足下には欧米人のバックが・・・

このおばちゃん、かわいそうだったな〜

ちなみにケーロン行きですが、
AM7:00,AM10:00は確認したんですが、もっと早い時間もあるみたいです

ただ、コロコロ変わるのでなんとも言えませんがね

自分はAM7:00のバスにも乗ろうとしたんですが、こちらも乗車率100%なので乗車拒否されました

乗せないのならクルからマナリーに来る必要は全くないんじゃないのか?

誰も降りないしね・・・・

この10時発のバスを逃したら明日になるので、

他の乗客と力を合わせて気合いで乗りました

みんな立ちっぱなしですが(笑)

とりあえず、乗れただけでも儲けもんです、その内、誰か降りるでしょう

ちなみに、この路線は山道なのでかなり揺れます

ずっと立っているので手が痺れてきます

2時間後・・・・

渋滞というね

この時までは景色とか撮っていて元気だったんですけどね

インドのタバコ、ビリーが似合い過ぎます

この人はレーに住んでるそうです

ちなみにこれが乗ってたローカルバスです

ケーロンまで130ルピー

パラグラダー

まだ暖かくて景色もいいので最高でした

あら、素敵

渋滞が緩和されて車を走らせる事、2時間後・・・

またまた渋滞です

もうね・・・止まってばっかです

座る椅子がないので、こんな時は外にでてる人の椅子に座るんですが、そんな時に限って戻ってくるのが早いというね(笑)

渋滞じゃなくても、山道の坂道のせいで全然進まないんですよね

この後も・・

やたらバイクが止まってると思ったら・・・

完全に雨で通行止めです

ここで約5時間ぐらい待ってます・・・

マナリーから約8時間ぐらいって聞いてたんですがね、こりゃ無理ですね

写真を撮れるのはありがたいですけどね

結局、ケーロンに着いたのはPM11:30でした

めちゃめちゃ遅れましたね(笑)

しかも立ちっぱなしで疲労がピークです

ケーロンはほんとに田舎街でした

ここもいい景色です

ケーロンのバスターミナル

PM11:30に着いたので、チケットは売っていません

他の乗客に聞くと、AM5:00出発なのでAM4:00頃に開くそうです

目の前にドミトリーの宿が50ルピーであったんですが、今寝たら起きれないと思ったので野宿にします

山をなめてましたね・・・・寒くて寝れません(笑)

AM4:00のチケット売り場で・・・

『バスが壊れてるから何時になるかわからないので、チケット売れないよ??』

つまり・・・何時になるかわからない、という事は二度寝ができない!という事です

チケットが無いと、また立たないと駄目ですからね・・・

しかも、マナリーからケーロンよりもケーロンからレーの方が2倍ぐらい距離があるので、座れないとかなり辛い!

・・・・そもそも、ケーロンにバスは来るのか!?

果たしてレー行きのバスはあるのか?

次回に続きます

スポンサーリンク
スポンサー
スポンサー

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です