マリファナ天国のマナリーは日本で言う軽井沢でした

blog_import_56557b89313a9

インド北部のマナリーに移動しました

リシケシからローカルバスを乗り換えて約15時間程で到着したマナリーなんですが・・・
標高が1900mあるので、とても涼しくて快適です

デリーとかはなんだったんですかね、あの暑さは・・・・

宿前で見かけたバイカー二人

マナリーまで来ると、文化が違ってくるようで服装などが違うので面白いです

昼間だとこれぐらいの服装でオッケーです

マナリーはマリファナが有名で、どこにでも生えてるんですが、
それ目当てで各国からヒッピーが集まるということで有名な町です

マリファナで有名と言っても、普通の観光地化された街でしたけど

泊まったエリアがオールドマナリーのはずれだったからなのか、マリファナの売人に声もかけられませんでした

観光客もヒッピーというより、普通のトレッキング好きな欧米人がほとんどです

お土産屋だらけです

ちょっと拍子抜けしました

景色は素晴らしいです

インド人観光客も多くいるので、避暑地としては落ち着きません・・・・

写真を撮る事しかない(笑)

写真を撮ってもいいですか?の声にも喜んで答えてくれます

この街は気候もよくて人も親切です

インドは国土が広過ぎて、
街が変われば文化も宗教も全然違うという事を実感しました

インドの暑さに嫌になったらマナリをお勧めします!

6月を過ぎたらインド人の夏休みが終わるそうなので、7月頭頃がいいかも

マナリーは日本で言ったら軽井沢みたいなところでした(笑)

デリーからバスで約15時間なので簡単に来れると思います

次回のブログはこの街、マナリーで入れる温泉を紹介します

ではでは・・・・

スポンサーリンク
スポンサー
スポンサー

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です