インドの電車のマル秘情報を少しだけ・・・

blog_import_56557a2163a16

ブッダガヤから電車に乗り、バラナシを目指します

時間帯によってはバラナシまでの直通ではなく、手前の駅で降りないといけません

これは乗る電車ではないんですけど

平日の昼間なのに凄い人

マーシャの人気が凄い(笑)

写真を撮っていたら、どこでも人が集まります

無事に電車に乗る事ができました

電車の中

一応席は決まってますが、関係ありません

スリーパーという寝台列車

バックパッカーは大抵、これを利用してると思います

このスリーパータイプは一番上を取った方がいいです

3段ベッドなんですけど、下2段は寝たい時に横になれないし、
チケットを持ってない人達が座ってくるので

段によっての値段も変わらないので、予約する時に言った方がいいです

荷物なんですが、例え一番上の席でも気をつけた方がいいです

後ろは網がありますが、
そこから手を伸ばして貴重品などを盗る手口が横行しているので

3時間後・・・・

駅から降りてオートリキシャで約30分程でバラナシに到着しました

ガンジス川の近くの宿にしました

宿情報は後ほど・・・


宿の前には必ず牛が待機してます

宿前です

『ガンガーフジホーム』

1番安い部屋で300ルピー(約600円)

シングルはなく、ダブルのみです

料金も細かく分かれていて選びやすいと思います

宿の前を少し歩いただけなんですが、旧市街は迷路みたいで楽しそうです

次回からバラナシ編になります

ではでは・・・・

スポンサーリンク
スポンサー
スポンサー

『インドの電車のマル秘情報を少しだけ・・・』へのコメント

  1. 名前:SHIN 投稿日:2013/06/20(木) 13:11:11 ID:589fc6ab0 返信

    SECRET: 0
    PASS:
    >ciusca(チュスカ)さん
    バラナシはすごいところですよ(笑)体調崩す人、続出してます(^∇^)

  2. 名前:ciusca(チュスカ) 投稿日:2013/06/18(火) 07:33:30 ID:589fc6ab0 返信

    SECRET: 0
    PASS:
    寝台列車でバラナシに行くなんて、
    素敵!
    憧れます♪
    バラナシは魅力的な街だと聞いているので、
    次回の記事も楽しみにしてます♪

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です