インドらしくない街、プドゥチェリーを散策して見ます

blog_import_565579a8ea155

インドに来ております

ローカルバスでプドゥチェリーという町へ移動しました

南インドの中心地チェンナイから南へ約160kmの海岸沿いに位置しているんですが、
17世紀にフランス領となり,インド独立まで約250年間フランス領ポンディチャリーとして存続してきたそうです

インド返還後もポンディチャリーと呼ばれており,プドゥチェリーと改名されたのは2004年

現在の人口は約20万人

インドだけどインドらくしない街、そんな印象でした

インド人観光客ばかり

ルートの関係上通った町ですが、静かでのんびりできました

ビーチは泳げる訳ではないですが、みんなのんびりしてます

海を見ると落ち着きます

インド南部は気温が高くて、夏バテ気味ですが、
なんとか体を壊さずやっていけてます

インドに来て体調を崩す人が多発してる理由は気温も関係してるんじゃないかな?

自分も気をつけて旅をしたいと思います

ではでは・・・

スポンサーリンク
スポンサー
スポンサー

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です