マヤ文明、最大の神殿都市へ行ってみよう

blog_import_56557457df37d

グアテマラと言ったら『ティカール遺跡』です

グアテマラの北部、ペテン地方のジャングルに埋もれているんですが、
マヤ最大の神殿都市遺跡として知られています

早速、行ってみましょう

フローレンス島からだとバスで1時間半ぐらいで着きました


気になる入場料は・・・1500円

高すぎです(笑)

では行きましょう!

石仮面も気になるところですが・・・・・

ティカル遺跡には紀元前数世紀から人が住み始め、
紀元後300~800年にはペテン一帯のマヤ遺跡を従える建物として栄えたそうです

ティカル遺跡は都市の成長とともに領土や建物をどんどん増やして行き、
現在わかるだけでも3000にも及ぶ大小の建築物があるそうです

ここからの眺めが一番好きでした

動物も多いんです

一番高い遺跡からみた景色は・・・・・・

こんな感じです

本当にジャングルの中って感じですね

再びこの埋もれた遺跡が発見されたのは1696年で、
スペイン人の宣教師アベンダーニョとその一行が、イツァー族から追われて逃げ出した際に偶然見つけたそうです

入場料は高いですが、見所は多いので元は取れる・・・・かな(笑)

グアテマラにお越しの場合はぜひ『ティカール遺跡』へ!

ではでは・・・

スポンサーリンク
スポンサー
スポンサー

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です